2019.08.29中古車購入

中古車購入に必要な印鑑証明! 申請の流れと手続き方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車購入に必要な印鑑証明! 申請の流れと手続き方法について
中古車を購入する際には印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書はどのようにして取得するものなのか、申請の流れや手続方法についてご紹介します。

中古車購入に必要な印鑑証明書とは

印鑑証明書とは、居住地域の役所に印鑑登録してある印鑑が実印であることを公に証明する書類です。住所地の市区町村長が発行し、持ち家やマンション等の資産に関する売買や譲渡が行われる際に必要になります。正式には印鑑登録証明書という名称で、簡単に印鑑証明と呼ばれることもあります。

では、印鑑登録とは何かと言うと、所有している印鑑を市区町村の役所に登録することです。登録した印鑑は実印と呼ばれ、本人確認用、または契約書の内容に同意したことを示す証拠などとして使用されます。

ただ、実印だけでは、例えば印鑑を拾った第三者が本人になりすまして使用するおそれがあるため、実印(の印影)と印鑑登録書をセットで提出し、本人であることを証明する手段として用いるわけです。

中古車の場合は、普通自動車を売買によって譲渡・譲受する移転登録(名義変更)の手続きの際に、印鑑と印鑑証明書が必要になります。普通自動車も持ち家やマンション等と同じように資産と見なされ、動産(不動産以外の財産)として国土交通省に登録しなければならないからです。その際、印鑑証明書は発行後3ヶ月以内のものが1枚必要です。

印鑑証明書が不要なケースも?

一方、軽自動車を購入する場合は印鑑証明書は不要です。軽自動車は資産とはみなされず、軽自動車検査協会に届け出するだけで所有できるためです。

また、普通自動車でも、ローンを組んでいる場合はやはり印鑑証明書は必要ありません。印鑑証明書が必要になるのは、あくまで普通自動車を所有する場合です。ローンを組んでいるときは契約上、普通自動車の所有者は販売店やローン会社になっているため、その間、車を使っている本人は国土交通省への登録手続きをしないままで車に乗ることができます。

印鑑登録に必要なもの

印鑑登録に必要なのは、登録する印鑑、本人確認書類(運転免許証やパスポート)です。また登録費用は50~300円程度です。役所に印鑑登録の申請をして認められると、カード式の印鑑登録証(印鑑登録カード)が交付されます。

ややこしいのですが、印鑑登録証と印鑑証明書は異なるものなので注意してください。先に印鑑登録をすると印鑑登録証(カード)がもらえ、その印鑑登録証を使って印鑑証明書を取得できるということです。

実印は15歳以上の人が1人につき1本だけ登録できます。実印にするための印鑑は、枠が欠けていないもの、印面が摩滅していなくて判読が困難でないこと、印影が8㎜の正方形よりも大きく、25㎜の正方形に収まるものなど、市役所や区役所によっていくつか規定があります。100円ショップなどで売っているような三文判やシャチハタは原則、不適当とされ、ハンコ屋で実印用の印鑑を購入するか、注文して作る必要があります。最近はインターネットで注文して購入することもできます。

印鑑証明書の申請の流れ

最後に、初めて印鑑登録をし、続けて印鑑証明書を申請して取得するまでの流れを順を追って見てみましょう。

1.実印にする印鑑と身分証明書を準備する

まずは印鑑登録をするための印鑑を用意し、実印と身分証明書を持って市区町村の役所へ行きます。

2.市区町村の役所で印鑑登録の手続きを行う

市区町村の役所で印鑑登録の申請用書類「印鑑登録申請書」に必要事項を記入し、印鑑と一緒に窓口に提出します。身分証明書を提示し、無事申請が通ると、印鑑登録証(カード)が交付されます。

運転免許証などの官公署発行の写真付き身分証明書等を所持して本人が行けば、手続きは即日(数十分程度)完了します。代理人による手続きも可能ですが、その場合は方法が複雑になり、発行までに数日を要します。

印鑑登録がすむと、その印鑑は実印となります。

3.印鑑証明書の交付を申請する

次に、印鑑証明書の交付を申請します。印鑑登録証が交付されていれば、同じ日に続けて印鑑証明書も申請できます。

役所で「印鑑登録証明書交付申請書」に必要事項を記入し、印鑑登録証と一緒に窓口に提出します。その後、数百円の手数料を支払って印鑑証明書を受け取ります。

なお、印鑑登録証があれば、本人または代理人による印鑑証明書の発行が可能です。印鑑証明書の発行に際しては、代理人が行っても委任状などは必要ない自治体がほとんどです。逆に、印鑑登録証を提示しないと実印そのものを持参しても印鑑証明書は交付されません。

また、マイナンバーカード(個人番号カード)があれば、コンビニなどに設置されたキオスク端末(マルチコピー機)を自分で操作することで印鑑証明書を取得できます。

 
中古車を購入する際、普通自動車の場合は印鑑証明書の取得が必要になります。上記を参考に印鑑証明書を準備しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)