2020.09.10中古車購入 , 豆知識

走行距離10万キロ超えている中古車は大丈夫?選び方のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

走行距離10万キロ超えている中古車は大丈夫?選び方のポイントは?

車を買い替える時、新車ではなく中古車を選ぶという方もいるでしょう。中古車は新車よりも安く購入できるため、買い替え費用を安く済ませたいという人に人気があります。しかし、中古車を購入する時に故障リスクが気になるという人もいるかもしれません。今回は走行距離10万キロを超えている中古車は大丈夫なのか、中古車を選ぶ時のポイントについて解説していきます。

中古車10万キロは大丈夫?

中古車を購入する時は、走行距離が10万キロを超えているかどうかをチェックしたほうが良いというのを聞いたことがある方もいるかもしれません。なぜ10万キロを目安にするかというと、エンジンの内部に使われているタイミングベルトというパーツの交換時期が、10万キロと言われているからです。そのため、10万キロを超えた中古車は故障リスクが高いと考えられていました。しかし、車は日々進化しており耐久性能も高まっているため、一概に10万キロを超えた車は故障リスクが高いとは言えなくなりました。

特に重要になるのが、タイミングベルトではなくタイミングチェーンが使われている車です。タイミングチェーンはタイミングベルトよりも耐久性が高く、交換時期は30万キロとされています。そのため、タイミングチェーンが使われている車の場合、走行距離10万キロを超えているからといって故障リスクが高まるとは言い切れません。では、タイミングベルトとタイミングチェーンにどういう違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

タイミングベルトとタイミングチェーンの違い

タイミングベルトとタイミングチェーンの一番の違いは、パーツに使われている素材です。タイミングベルトはゴムを素材としたベルトが使われています。パーツ代が安い、交換がしやすいなどのメリットがありますが、ゴム素材のため切れやすい、前触れ無く急に切れてしまうといったデメリットもあります。そういった問題を解決するために作られたのがタイミングチェーンです。タイミングチェーンは金属を素材としたチェーンが使用されているため、タイミングベルトに比べると耐久性が高いというメリットがあります。交換が難しい、パーツ代が高いといったデメリットもありますが、交換目安は走行距離30万キロとなっているため、廃車になるまでほぼメンテナンスフリーというのが最大の魅力です。

走行距離10万キロ超えている中古車を選ぶポイント

買いたいと思った中古車が、走行距離10万キロを超えてしまっているケースもあるかもしれません。では、走行距離10万キロを超えている中古車を選ぶ時、一般論としてどういったポイントに注目すれば良いのか見ていきましょう。

タイミングベルトの交換有無

タイミングベルトの交換目安は走行距離10万キロとなっているため、全く交換されていない中古車の場合、購入してすぐに交換が必要になることが多いです。余計な費用がかかってしまうため、タイミングベルトが交換されているかどうか、またいつ交換したものなのかを購入前にチェックしておきましょう。

mileage100000km_002

オイル交換頻度

一般的なガソリン車の場合、走行距離5,000キロ、もしくは6ヶ月に1回程度がオイル交換の目安と言われています。エンジンオイルは車に使われている金属パーツ同士が擦れ合う時の摩擦を減らし、パーツを長持ちさせる役割もあります。エンジンオイルを交換せず車に乗り続けると、寿命を縮めることにもなるのです。そのため、購入予定の中古車が適切な頻度でオイル交換されていたか、しっかりチェックしておくと安心です。

ゴム製品の劣化度合い

車のパーツにはゴム製品も多く使われています。金属よりもゴムは劣化しやすいためしっかりチェックしておく必要があります。ゴムは環境によっても劣化の進み具合が変わるので注意が必要です。同じ走行距離の車でも、屋内駐車場に置かれていたものか、屋外駐車場に置かれていたものかで、劣化度合いが違ってくることもあります。ゴム製品の劣化度合いが車の寿命に大きく関わってくることもあるため、ゴム製品の劣化度合いを確認しておくことは大切です。

オルタネーター

オルタネーターは、車の走行性能に関わる重要なパーツです。劣化したオルタネーターは交換する必要がありますが、交換費用の相場は5~10万円程度となっているため、中古車を購入してすぐに交換するとなると費用面で大きな負担がかかります。オルタネーターが新しいものに交換されているか、しっかり確認しておきましょう。

mileage100000km_003

タイヤ

タイヤの溝が減っていると安全に走行できなくなるため、タイヤの劣化度合いはチェックしておく必要があります。タイヤによっても変わりますが、消費期限を4~5年程度に設定しているメーカーが多いです。タイヤの溝が1.6mm以下になるとスリップサインが出てきますが、スリップサインが出た状態で走行すると道路交通違反になります。タイヤの交換費用を節約するためにも、タイヤの溝がどの程度減っているか確認しておくことが大切です。

走行距離10万キロを超えた中古車の維持費を押さえるには?

車のパーツは劣化したとしても基本的には新しいパーツへ交換できます。新しいパーツに交換することで車の寿命を伸ばすことも可能ですが、自分で交換しようとすると当然費用がかかります。今回紹介した中古車選びのポイントを知っておけば、パーツの交換費用を抑えることができるでしょう。メンテナンスがしっかりされている車は長持ちしやすいだけではなく、何もしていない車よりも査定額が高くなるというメリットもあります。もし車の維持費が高すぎると感じているなら、売却か乗り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)