2017.12.29中古車購入

車を購入する時のローンに頭金って必要?メリットとデメリットをそれぞれ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を購入する時のローン車を購入する際、欲しい車の金額が現金やカードで購入できる範囲を超えると、ローンを検討することになります。車の購入でローンを利用する場合、頭金を入れるか入れないかで迷った経験がある方も多いでしょう。

そこで、車の購入ローンに頭金は必要なのか、頭金を入れた場合のメリットとデメリットなどについてご紹介します。

 

 

基本的に車のローンで頭金は不要

車を購入する場合、基本的に頭金がなくてもローンを組むことは可能です。しかし、どんな場合でも必ず頭金が不要なわけではなく、収入よりも高額な車を購入する場合や、支払い回数を短くするために、月々の支払いを高額に設定した場合などに頭金がないとローンに通らないケースなどもあります。

また、ローンの審査で承認された額が車の購入金額に満たない場合、残額を頭金として準備する必要が出てきます。頭金の有無や審査基準については申込先の金融機関によって違いがありますが、車購入時にローンの頭金は必須ではなく、借り入れする金額を少なくしたい、ローンの期間を短くしたい場合などに任意で支払う形が基本です。

では、車購入時のローンで頭金を入れた場合と入れなかった場合に、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

車のローンで頭金を入れた場合のメリット・デメリット

まず、車購入時のローンで頭金を準備した場合のメリットとデメリットについて見ていきます。

メリット:利息が安くなり、審査に通りやすくなる

自動車ローンに頭金は不要ですが、頭金を入れた方がローンの審査は通りやすくなります。全額をローンで申し込むよりも、車購入にあたって計画的に資金を準備し、足りない分をローンで支払うことで借入金額も少なくなるためです。

また、ローンの額に比例して支払う利息や月々の支払いも少なくなり、負担も軽く済みます。新たに車のローンを組めば、今までの生活にプラスして支払いが発生するため、後で苦しい思いをしないように、頭金を入れなかったとしても無理のない返済方法を選ぶことが大切です。

 

 

デメリット:まとまった資金が必要

まとまった資金が必要車のローンで頭金を支払うためには、まとまった資金が必要です。事前にある程度貯蓄があり、無理なく準備できる金額なら良いのですが、借入金額を少なくしたいあまりに貯蓄の全額を頭金に回したり、生活費の中から無理して頭金を捻出したりするのはおすすめしません。

車の本体価格はローンを申し込めても、諸費用については現金払いとなるケースもあるため、後で購入したいものが見つかっても資金がなくて困る、という可能性もあります。

 

 

 

車のローンで頭金を入れなかった場合のメリット・デメリット

次に、頭金を用意しなかった場合のメリットとデメリットについてはどうでしょうか。

 

メリット:自己資金に余裕ができる

車の購入金額をすべてローンにすることで、手持ちの資金に余裕が出ることが一番のメリットです。車の維持にはガソリン代以外にも、駐車場代や保険代など、何かと費用が掛かります。頭金を支払わないことで、ローンでカバーできない費用も余裕を持って支払うことが可能になるでしょう。

 

 

デメリット:審査に通らない、他のローンが組めなくなることも

審査に通らない、他のローンが組めなくなることも頭金を準備しないまたはできない場合、金額によっては審査が通らずローンが組めないことがあります。また、住宅ローンやその他別のローンを同時期に組む予定がある場合も、ローンの審査に通らなくなる可能性もあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

頭金を入れなくてもローンで車を購入することはできますが、先のことを考えて計画的な返済方法を選ばないと、後悔することになりかねません。実際に頭金を入れなくても、購入価格の20~30%程度は現金で準備しておいて、月々の収入からも無理のない金額で購入できる価格の車を選ぶようにしたいですね。

 

<記事NO.RC‐00142>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)