2020.07.23中古車購入 , 豆知識

セダン車の年間維持にかかる金額は〇〇円から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セダン車の年間維持にかかる金額は〇〇円から!

車に乗っていると、駐車場代やガソリン代、メンテナンス費用など様々な維持費がかかります。維持費が高いか安いかで負担も大きく変わってくるので、自分が乗っている車の年間維持費がどの程度なのかしっかりチェックしておくことが大切です。この記事では自動車税や重量税、保険料などセダン車の維持費用に関して詳しく解説していきます。

セダン車とは

セダン車というのは、ボンネットとキャビン、リアデッキが分かれている3ボックスタイプの車のことです。メーカーによっては2ボックスタイプのものをセダンと呼ぶケースもありますが、基本的には3ボックス4ドアの車をセダンと呼ぶのが一般的です。

セダン車にかかる維持費

自動車税

毎年4月1日時点で車を所有している場合、必ず発生するのが自動車税です。排気量によって税額は変わり、1L以下なら29,500円、1L超~1.5L以下なら34,500円、1.5L超~2.0L以下なら39,500円というように、排気量が上がれば自動車税も高くなります。セダンは小さいものでも1,300cc、大きいものなら4,000cc近くの車種もあるので、34,500円~66,500円程度かかると思っておくとよいでしょう。また、これは2019年9月末日までに購入した場合の税額で、2019年10月1日以降に購入した場合は数千円程度自動車税が安くなります。

重量税

重量税は車の重量に応じてかかる税金で、車を購入した時と車検の時に支払うことになります。支払う税額は重量で決まっているため車種などは関係なく、1年間で0.5tあたり4,100円です。もし乗っているセダンの重量が1tなら、1年で8,200円の重量税がかかります。ただし4,100円というのは12年目までの税額で、13年目からは5,700円、18年目からは6,300円に税額がアップするので注意してください。

自賠責保険

自賠責保険は加入が義務付けられている損害保険です。そのため、車を所有する人は必ず加入しなければなりません。2020年4月に保険料が値下げされ、保険期間24ヶ月の場合は自家用乗用自動車が21,550円、軽自動車が21,140円となっています。

任意保険

任意保険は自賠責保険とは違い、任意で加入する損害保険です。保険料は一律ではなく、性別や等級、選ぶ保険会社など様々な要因によって変わります。相場は20代で6万円~20万円程度、30代で3万円~13万円程度と言われています。基本的には年齢が高くなればなるほど、保険料は安くなる傾向にあります。ただし、補償内容や車種などによって大きく変わるので、相場はあくまで参考程度にしておくとよいでしょう。

車検

車検を受けると、法定費用や車検基本費用、部品交換費用などがかかります。セダン車の場合、ディーラーで車検を受けた場合の相場は10万円程度、カー用品店で受けた場合の相場は7万円程度です。ただし、部品交換費用は車のコンディションによって変わるので、交換箇所が多いと相場以上の費用がかかることもあります。

ガソリン代

セダンの維持費として忘れてはいけないのがガソリン代です。定期的にかかるものなので、どの程度ガソリン代が必要になるかしっかり把握しておく必要があるでしょう。ガソリン代は燃費によって大きく変わりますが、車種によって燃費は様々です。例えば年間走行距離を10,000kmとした場合、実燃費23.67km/Lの車なら年間のガソリン代は49,000円程度、22.86km/Lなら50,000円程度、16km/Lなら60,000円程度になります。

Sedan-maintenance-fee-002

 

駐車場

車を所有するためには駐車場が必要になります。自分の土地を持っているなら良いですが、借りる場合には毎月駐車場代を支払わなければならないので、維持費として計算しておく必要があります。月極駐車場の全国の平均相場は8,000円程度と言われています。都心部ほど駐車場代は高くなるので、自分が住んでいるエリアの駐車場代の相場を調べておくことが大切です。

法令点検/整備

法令点検は車が安全に走行できるように、故障やトラブルがないか点検するためのものです。ディーラーや指定整備工場、認証整備工場などで法令点検・整備を行うことができますが、相場は1年点検で10,000円~15,000円程度、2年点検で20,000円~25,000円程度です。

セダン車の維持費用は車種ごとに違う?

自動車税や任意保険、ガソリン代など様々な維持費がかかりますが、同じセダンでも車種によってエコカー減税が適用されるかどうか、燃費、排気量が変わるので年間の維持費も大きく変わってきます。車種ごとの年間維持費の一例は以下の通りです。

インプレッサG4

  • 排気量:1.6L / 2.0L
  • サイズ: 全長 4,640 mm * 全幅 1,775 mm * 全高 1,455 mm
  • 重 量:1,300 ~ 1,400 kg
  • 自動車税 36,000円
  • 自動車重量税(1年) 22,500円
  • 自賠責保険料(1年) 12,475円
  • 自動車保険料 81,500円
  • 車検費用 13,400円
  • ガソリン代 88,415円
  • 駐車場代 180,000円
  • オイル交換代 10,000円

レクサスGS

セダン車の年間維持にかかる金額は〇〇円から!

  • 排気量:2.0L / 2.5L / 3.5L /5.0L
  • サイズ:全長 4,880~4,915 mm * 全幅 1,840~1,855 mm * 全高 1,440~1,470 mm
  • 重 量:1,650 ~ 1,860 kg
  • 自動車税 43,500円
  • 自動車重量税(1年) 30,000円
  • 自賠責保険料(1年) 12,475円
  • 自動車保険料 112,000円
  • 車検費用 13,400円
  • ガソリン代 134,259円
  • 駐車場代 180,000円
  • オイル交換代 10,000円

上記は自動車保険料やガソリン代、駐車場代などはあくまで相場を参考に計算したものです。年間走行距離や住んでいるエリアによって維持費は大きく変わるので注意してください。この例を参考にしてみるとインプレッサG4で年間維持費が44万円程度、レクサスGSで53万円程度です。また人気のエコカープリウスは、年間維持費が25万円~30万円程度と言われています。様々な要因によって幅が出てきますが、セダン車の年間維持費用はおおむね30万円~60万円程度と考えておくとよいでしょう。

セダン車の維持費についてまとめ

同じセダン車であっても、維持費用には大きな差が出てきます。少しでも維持費が安いセダン車に乗りたいと考えているなら、自動車税や保険料、ガソリン代など紹介した項目をしっかりチェックしながら色々な車種を比較してみてください。自分に合ったセダン車を見つけて、楽しいカーライフを送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)