2020.09.24中古車購入 , 豆知識

中古車を買うときに気になる修復歴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車を買うときに気になる修復歴とは

自動車の購入では、新車だけではなく、中古車を検討することも選択肢の1つです。中古車には一般的に価格が安いというメリットがありますが、一方で、購入前に気をつけるべき点があります。その1つに、中古車の修復歴が挙げられます。価格や車種だけを判断材料にして、修復歴を確認しないのは、購入後の中古車の不具合にもつながりかねないため、注意が必要です。

そもそも修復歴の定義とは

中古車の修復歴には定義があります。したがって、販売店によって修復歴に違いが生じることはないため、中古車を購入する際には、修復歴がどのようなものなのかを知っておくと役立ちます。自動車公正取引協議会や日本自動車査定協会、日本中古自動車販売商工組合連合会による修復歴の定義では、車体の骨格に当たる部位の修正や、そうした部位のパーツの交換歴がある自動車が、修復歴を有することになっています。

事故車との違い

中古車を購入する際、修復歴がある自動車と事故車を混同してしまうケースがよくあります。事故車と修復歴を有する自動車の違いを理解することは、中古車を安く購入することにつながるだけではなく、購入後の自動車の不具合を防止することにもつながるため、重要です。

まず、修復歴を有する自動車が、車体の骨格に影響を与える損傷があったかどうかに左右されるのに対して、事故車は、骨格に当たる部位以外の損傷により、修正やパーツの交換がなされた自動車のことを言います。つまり、修復歴か、事故車かを見分けるためには、自動車の骨格に当たる部位を正しく知っておく必要があるのです。自動車の骨格に当たる部位には、フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、の8種類があります。こうした部位は、日本自動車査定協会などにより定められているため、販売店や車種により異なることはありません。

したがって、以上のような部位に損傷を受け、修復や交換をした自動車が修復歴を有することになる一方、一般的に修理することが多いドアパネルやバンパーなどは、修正や交換を行っても修復歴には残らず、事故車の扱いになります。つまり、比較的大きな損傷であっても、車体の骨格に影響していない場合、その自動車は修復歴を有さない事故車であり、一方で、比較的小さな損傷であっても、それが車体の骨格に影響するようであれば、その自動車は修復歴を有することになるのです。

修復歴のある中古車のデメリットとメリット

修復歴がある自動車は、一般的に良いイメージがありません。修復されている部位に、トラブルが生じるのではないか、性能が不十分なのではないか、といった思いが購入を検討する人にはついてまわることが多いため、修復歴のある自動車は、その他の中古車と比べて、売れにくい事実があります。そのため、修復歴のある自動車を売却する際は、その売値が大きく下がってしまうのです。つまり、自動車を売るとき、良い査定結果を得られず、高く売れないことが修復歴のある中古車のデメリットと言えます。

used-car-repair-history_002

しかし、一般的に持たれる修復歴を有する自動車への悪いイメージは、あくまでもイメージです。ただ、こうしたイメージにより、買い手がなかなかつかないのも事実であるため、修復歴がある中古車の価格はだいぶ下がっていることが一般的です。つまり、悪いイメージがあるだけで、実際にはあまり問題のない自動車が費用を抑えて購入できることこそ、修復歴を有する中古車を購入する大きなメリットと言えます。その価格は車種にもよりますが、他の中古車と比べ、数十万円単位で安くなることもあるのです。

used-car-repair-history_003

大きな事故により、フロントが潰れてしまった自動車はもちろんですが、バックの際、少しぶつけただけにもかかわらず、フレームを損傷してしまった場合、そうした自動車も修復歴を有することになります。したがって、修復歴の詳細を販売店に確認し、修復が軽度であれば、自動車に対する悪いイメージを払拭でき、さらには安い価格で購入ができるため、修復歴がある中古車には十分なメリットがあるのです

まとめ

中古車の購入を検討する際は、修復歴の確認が重要です。修復歴があったとしても、その程度は大小様々なため、もしも軽度な損傷による修復歴のために販売価格が大幅に下がっているのであれば、お得に自動車を購入できる機会だと言えます。一方で、その修復歴が、フロント足回りの部位など、走行に影響する箇所である場合には、価格の安さだけで購入を決めるのは危険です。そうした修復歴は、性能上の問題が本当にないか、販売店にきちんと確認することが大切です。

修復歴に対するリスクの説明や、安全性の説明が十分ではない販売店で、修復歴を有する中古車を購入するのは避けるべきだと言えます。また、査定士による検査を受けている中古車や販売店であれば、安心して購入できる1つの判断材料になります。修復歴がある中古車を購入する際は、必要な知識を持っておくことは大切ですが、きちんと販売店に確認して最終的な購入判断をすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)