2020.11.05買取査定

自動車の下取りと、買取の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車の下取りと、買取の違いとは?

自動車を買い替える際、下取りか買取かで悩む方も多いことでしょう。下取りと買取は似ているようですが、違いがあります。この違いを知らずにいると、余計な手間がかかったり損をしたりすることもあるでしょう。また、車を手放したいタイミングによってもおすすめの方法が違ってきます。そこで今回は、下取りと買取、それぞれの特徴や違いなどを詳しく解説します。

下取りと買取の違い

下取りとは、新車を購入する際、ディーラーが今乗っている車を買い取ってくれることを指します。新車の費用を割り引く目的で行われ、中古車としては値段がつかない車でも下取りしてくれることも多いでしょう。通常、下取りの費用はそのまま新車の購入費に当てられ、現金が持ち主の手に渡ることはありません。そのため、下取りと新車購入は同じ店で行います。

一方、買取はいわゆる中古車売買または買取を専門に行う業者に売却することを指します。車の売却は持ち主が好きなタイミングで行うことができ、どこで売却するかも自由です。売却したお金は現金で手元にきます。人気がある車の場合は、相場よりも高い値段がつくこともあるでしょう。次に下取りに向いている人では、どのような条件の場合が下取りに向いているか例をあげて解説しましょう。

下取りに向いてる人

新車を安く買いたい

新車は、車種によって値引きが難しいものもあります。そのような車も下取りを利用すれば、多少値引きしてもらうことができます。また、値引きの額も下取りありとなしではかなり変わってくるでしょう。新車を少しでも安く買いたいという場合は、下取りの利用がおすすめです。

価格のつかない車を手放したい

中古車としては値段がつかない車でも、下取りならば可能ということも多いものです。ディーラー側としても新車が売れた方が得ですから、多少の融通は利かせてくれるでしょう。長年乗った愛車をそのまま廃車にするのは忍びないという場合は、下取りを打診してみましょう。

できるだけ簡単に車を買い替えたい

車の売買は手間がかかります。車を買い取ってしてもらい、そのお金を持って新車を購入する場合はいくつかの手続きを行う必要があるでしょう。しかし、同じディーラーで下取りから新車購入まで一括で行うと、手続きが大幅に省略できます。面倒くさい事務手続きをできるだけ省略したい場合は、下取りがおすすめです。

同じメーカーの車に買い替えたい

同じメーカーの車に買い替える場合、良い値段で下取りしてくれる可能性が高くなります。これは、自社の車ならば中古車の販売ルートが確立されているためです。他社メーカーの車でも下取りは可能ですが、査定額が下がるかもしれません。ですから、同じメーカーの車に買い替えたい場合は、中古車として売却するより下取りの方がいい値段がつくことも多いでしょう。次に紹介する買取に向いている人は基本的に買い替えを前提としません。以下のような時は買取専門店を利用する方がおすすめです。
difference-between-trade-in-and-purchase_002

買取に向いてる人

できるだけ高い値段で車を売りたい

人気車種は、中古でも良い値段がつきます。また、走行距離が少ない車も同様です。できるだけ高く車を売却したいという場合は、まず買取専門店に無料査定を依頼してみると良いでしょう。

自分の好きなタイミングで車を売りたい

下取りは、買い替えのときにしか利用できません。つまり、新車販売のタイミングと今の車を手放すタイミングを合わせなければなりません。車は基本的に新しい方が高値がつきやすい傾向があります。数か月でも乗らない車を所持していると、日に日に査定額が下がっていきます。また、車には高く売れる時期があり、期間限定で下取りより買取の方が高値がつくというケースもあるでしょう。自分の好きなタイミングで車を売りたい場合は買取専門店への売却がおすすめです。
difference-between-trade-in-and-purchase_003

愛着のある車を売りたい

車好きな人は、お金をかけて装備をグレードアップさせている人も多いでしょう。下取りには装備は反映されないことも多いのですが、買取の場合は、装備が値段に反映されます。「せっかくお金をかけてオプションなどを付けた愛着ある車なので高く売りたい」という場合は、買取専門店への売却がおすすめです。

価格に納得したい

下取りの場合は査定が不透明なことが多く、価格に納得できないというケースもあります。一方で買取専門店は査定内容を明朗に、なぜこの値段なのか丁寧に説明してくれる事が大半なのも特徴です。価格の内訳や理由にも納得して車を売りたいという場合は一度、買取専門店に無料査定を依頼してみると良いでしょう。

まとめ

比べてみると下取りと買取は明確な違いがあり、それぞれメリット・デメリットがあると分かります。また、売却する時期や車種によってもどちらがいいのか変わってきます。「新車に買い替える目的なら、下取りがいいだろう」と思っている人もいると思いますが、一度買取専門店でも査定してもらうと、高価買取に期待が持てるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)