2020.02.06買取査定

中古車の「禁煙車」の定義とは? 喫煙車との違いや見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

45.中古車の「禁煙車」の定義とは? 喫煙車との違いや見分け方
中古車市場では、禁煙車か喫煙車かどうかによって査定額や販売価格が変わってきます。今回は、「禁煙車」の定義と禁煙車の方が査定額が高くなる理由、また喫煙車との見分け方について一緒に勉強していきましょう!

中古車における「禁煙車」とは

「禁煙車」というのは原則として、「車内で全くタバコを吸っていない」車のことを意味します。近年はタバコを吸わない人が増えているため、中古車市場でも禁煙者のニーズが高くなっていますが、タバコの臭いはもちろん、タバコを吸った形跡がないことが「禁煙車」の条件となることが一般的です。

注意したいのは、アイコスやプルーム・テックといった臭いが少ない電子タバコであっても、車内で吸ってしまった場合は禁煙車の扱いにはならないことです。電子タバコは紙タバコに比べ臭いが少ないとはいえ、タバコの臭いが苦手な方にとっては気になることがあるからです。一方、ニコチンやタールなどを使っていない加熱式タバコの場合は、臭いが発生しないことから禁煙車とされる場合が多いようです。

いずれにしても、中古車を購入する際には例えその車が「禁煙車」であったとしても、購入前に車内の臭いを実際に確認しておく方が良いでしょう。

禁煙車と喫煙車の違いは?

では、実際に禁煙車と喫煙車を見分けることは可能なのでしょうか。禁煙車と喫煙車の車内の状態について、見分け方のポイントを詳しく見ていきましょう。

天井

喫煙車かどうかを見わけるためには、車内の天井をチェックしてみましょう。天井が黄ばんでいたり、ベタベタしたりする場合には、タバコを吸っていたことによるヤニが付着している可能性があります。

窓やダッシュボード

窓やダッシュボードをティッシュなどで拭いてみましょう。ヤニのような汚れやベタつきが付着した場合には喫煙車の可能性があります。

エアコンをかけてみる

どんなに車内の臭いを消したとしても、タバコの臭いというのはエアコンの内部にまで浸透します。その車が本当に禁煙車なのかを確認するためには、5分ほどエアコンのスイッチを入れたままにしてみましょう。車内の臭いが変わらなければ禁煙車で間違いありませんし、タバコを吸っていた場合にはエアコンからの臭いで明らかになるはずです。

禁煙車と喫煙車では査定額はどう変わる?

では、次に中古車を売る側の立場になって考えてみましょう。愛車を中古車として売りに出す場合、禁煙かどうかによって査定額に影響は出るのでしょうか。中古車は車の年式や走行距離などを総合的にみて査定額を算出するため一概には言えませんが、一般的には喫煙車よりも禁煙車の方が、査定額が高くなる傾向にあります。

愛煙家の方はたとえ喫煙車でも抵抗がないという人もいますが、非喫煙者の場合はタバコの臭いが気になるという人も多く、喫煙車は選ばれにくくなるためです。
相場としては、シートや天井、エアコンの内部に染み付いたタバコの臭いや、内装の黄ばみなどがある場合には、査定額が低くなる場合があります。

喫煙車の査定額をできるだけ上げる方法

中古車市場では禁煙車の方が圧倒的に有利ですが、だからと言って喫煙車を売りに出すことができないというわけではありません。喫煙車であっても、査定前にきちんと手入れをしておくことで査定額をあげることは可能です。では、喫煙車の査定額を可能な限りあげるためのポイントを詳しく見ていきましょう。

車内の掃除

ダッシュボードや窓、天井、シートなど車内についたタバコのヤニは、専用の拭き取りシートなどを使ってできるだけきれいに拭き取りましょう。特に車内の内装が白など明るい色を基調としている場合には、丁寧に汚れを取り除くことが大切です。

タバコの臭いやヤニというのは、蓄積すればするほど取れにくくなるため、車をいずれ下取りに出すことを考えているのであれば、普段からこまめに清掃をしておくべきでしょう。すでに臭いや汚れが蓄積してしまった場合には、車内の清掃を業者に依頼するのも方法のひとつです。例えコストがかかったとしても、アップした査定額でカバーすることができるでしょう。

エアコンフィルターを洗浄、交換する

タバコの煙はエアコンの内部にまで容易に侵入してしまいます。車内の臭いを完全に消したつもりでも、エアコンのスイッチをいれた途端にタバコ臭が充満してしまうため、査定に出す前にエアコンフィルターを洗浄もしくは交換しておく方が良いでしょう。

焦げ付きなどをチェック

喫煙車を査定に出す際には、臭いだけでなく焦げ付きがないかどうかも注意が必要です。喫煙車は臭いだけでも査定額が低くなりますが、焦げ付きが見つかった場合にはさらに金額が下がってしまいます。小さな焦げ付きなどは専門の業者に依頼をして補修を頼むことも視野にいれましょう。

 
禁煙車は中古車市場においては有利となります。もし喫煙車を売りに出すことをご検討の際は、ぜひ上記でご紹介した内容を参考にして、査定額アップを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)