2021.03.04買取査定

タイヤの状態は車の買取に影響する? スタッドレスの場合値段は変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤの状態は車の買取に影響する? スタッドレの場合値段は変わる?

タイヤの状態は、車の買取金額にどのような影響を与えるのでしょうか。大切な車を少しでも高く買い取ってもらうためのコツを以下で順を追って説明していきますので、車の売却を検討している方や将来的に売却するかもしれないという方は、ぜひ参考にしてください。

タイヤは車の買取価格に影響するのか

まずはじめに、タイヤの状態が車の買取価格に影響するポイントとして、主に溝の深さ、純正タイヤかどうか、スペヤタイヤがあるかどうかの3点があるという点を頭に入れておくようにしましょう。ここでは、それぞれのポイントについてより深く見ていくことにします。

溝の深さ

溝がしっかり残っているタイヤと、すり減ってしまっているタイヤとでは、前者の方が車の買取金額は高くなります。その分かれ目となるのは、概ね1.6ミリメートルとされており、これよりも溝が浅くなっていると減点されて買取金額は安くなってしまいます。一方、5ミリメートル以上溝が残っていれば加点されて高く買い取ってもらえるでしょう。但し、いくら溝が深くても製造年月日からかなりの年月が経っていたり、これによりタイヤがひび割れていると査定価格が下がることもあります。

純正タイヤと純正ホイール

純正のタイヤと純正のホイールを装着している車の方が、そうでない車よりも高く評価される傾向にあります。そのため、将来の売却を考えれば、タイヤを交換する際には、基本的には純正のホイールのまま、メーカー推奨のタイヤを装着するのがよいでしょう。もっとも、クオリティに優れた高価なタイヤの場合には、純正ではないからといって直ちに評価が下がるわけではないです。

スペアタイヤの有無

かつてはほとんどの車にスペアタイヤが標準で装備されていましたが、現在ではオプション扱いになっているケースが大半です。そのため、スペアタイヤがついていないからといって、査定にネガティブな影響を及ぼすことはほとんどありません。

タイヤの状態は車の買取に影響する? スタッドレの場合値段は変わる?

スタッドレスタイヤはプラス査定になるのか

続いて、車にスタッドレスタイヤが装着されている場合の買取金額への影響について紹介します。スタッドレスタイヤは高価なものなので、それを装着した車であれば当然高く買い取ってもらえると思いがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。

スタッドレスタイヤでもプラス査定になるわけではない

まず結論から先に言うと、スタッドレスタイヤを装着していたとしても、それだけで車の査定にプラスの影響を及ぼすわけではありません。査定において主にみられるのは、タイヤの溝の状態ですので、スタッドレスタイヤだからというだけで買取金額が上がったりはしないのです。むしろ、スタッドレスタイヤのみだとマイナス査定になってしまいます。

雪の降る地域では考慮される可能性もある

もっとも、北海道や東北地方のように、冬になると多くの雪が降るエリアにおいては、スタッドレスタイヤを装着した車の評価が高くなるケースがあります。そういったエリアでは、スタッドレスタイヤは必須の装備ですので、それが装着されている車は中古車市場において高いニーズがあるからです。ただし、確実にプラスに評価されるというわけではありませんので、プラス評価が得られるかどうかについては、事前に買い取ってもらう買取専門店に確認するようにしましょう。

タイヤの状態は車の買取に影響する? スタッドレの場合値段は変わる?

車売却時にスタッドレスタイヤはどうする

スタッドレスタイヤは高価なタイヤであるものの、前述したように買取金額にあまり影響しないため、売却時にはノーマルタイヤに付け替えておくというのも選択肢です。

<レアケース>タイヤだけを売る場合の査定ポイント

車に装着されているタイヤをわざわざ取り外して別々に売るというのは、車の評価が著しく下がってしまうため、あまり有意義ではありません。しかし、余っているタイヤを売りたいというニーズはあるはずなので、最後にタイヤだけを売る場合の査定のポイントについて紹介しておきます。

タイヤの状態

タイヤを売る場合にポイントになるのは、タイヤの状態です。溝が深い状態でしっかり残っていれば高く評価されますが、摩耗しているとマイナス評価となります。また、溝の状態が問題なくても、ひび割れがあったり、製造年月日が古い場合には、マイナス評価になります。

タイヤのブランド

次に、タイヤのブランドも査定ポイントの一つです。中古市場で人気があるブランドのタイヤである場合には、プラスの評価が得られる可能性がありますが、逆にあまり人気のないブランドだとたとえ状態が良かったとしても買取金額が安くなってしまうかもしれません。

ホイールの有無や本数が揃っているか

ホイールの有無や買い取ってもらうタイヤの本数も重要です。タイヤにホイールがついていない場合や、売却するタイヤの本数が3本以下である場合には、マイナス評価になるという点を認識しておくようにしましょう。

まとめ

以上で見てきたように、車の買取金額は、タイヤの状態によって大きな影響を受けるケースがあります。そのため、もし車を売却する際にタイヤをどのように取り扱うかで悩んだら、ここで説明した内容を参考にして対応の仕方を決めるようにするとよいでしょう。対応次第で買取金額が変わってくる可能性がありますので、くれぐれもタイヤをおろそかにしてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)