2021.03.11買取査定

実例あり! 車の買取額を上げる賢い交渉術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実例あり! 車の買取額を上げる賢い交渉術とは?

車はずっと乗り続けられるものではありません。いずれ車を乗り替えなければいけない時期はやってきます。車を新しく乗り替える際には、これまで乗っていた車を売却することになるでしょう。せっかく売却するのであれば少しでも高く買い取ってもらいたいと考えるのが普通ではないでしょうか。本記事では車の買取価格をアップさせる交渉術について解説します。

あらかじめ車の知識を仕入れておく

車を売却する際には、買い取ってもらう業者に査定してもらうことになります。査定額が希望通りの金額になればよいですが、そうなかった場合は交渉をするわけですが、車についての知識を持っておかなければ適切な交渉ができません。また、知識がなければ自分の車に対して正当な評価も持てないでしょう。

実例あり! 車の買取額を上げる賢い交渉術とは?

中古車相場を知る

車を高く売りたいのであれば、自分の車が現在どのくらいの価格で流通しているのかを知ることは絶対条件といっても過言ではありません。買取してもらう際には、自分の中で「買取希望額」を設定することになりますが、相場を知ることではじめて適切な買取希望額を設定できます。もし相場も知らないまま見当違いの希望額を設定していれば、いつまでたっても業者との交渉は成功しないでしょう。

売る気をアピールする

高く買い取ってもらうためには、本当に売る気があることを業者に感じてもらう必要があります。業者側も売る気がない相手とはまともに交渉する気にはならないでしょう。

できるだけ「本気」であることを伝える

業者に本気で交渉に応じてもらいたいのであれば、言葉でその車を本当に売るつもりであることを伝えるのが一番です。本気度を伝える方法にはいくつかありますが、例えば乗り替えを検討している場合、買い替える車種と買い替えをしようとしている日を具体的に伝えれば、本気で売る気があることが伝わるのではないでしょうか。

愛着のある車だということを伝える

買い取り業者も同じ人間ですし、車が好きな人も多いので、査定依頼をしている車に対しての愛着をアピールすると、本気度だけではなくその車を大事にしてきたことも伝わります。まめに洗車をしたことや、ワックスがけをしたことなど、些細なことで構いません。愛車に対する思い入れを積極的にアピールしましょう。

こんな時はどうする?実例紹介

車を買い取りしてもらう際にはさまざまなシチュエーションがあり、時には適切な対処をしなければ高く売るチャンスを逃してしまうこともあります。本項目では、以下のケースが発生した際にどのような対応をすればよいかを解説していきます。

実例あり! 車の買取額を上げる賢い交渉術とは?

ケース1:希望金額と低い見積額を出された場合

こちらが希望している買取価格よりも低い見積額を出されることはよくあります。その際にはどのように対応すればよいのでしょうか。
対策:
どうしてその金額になったのかを説明してもらい、納得できないのであれば無理に売却する必要はありません。希望額を伝えて交渉してみましょう。それでも希望額にならないのであれば、商談を終えるのが無難です。

ケース2:即決を迫られた場合

買い取り業者の中には即決を迫ってくるところもあります。最近は減りましたが、以前は「これ以上待っていると値段がどんどん下がるかもしれませんよ。」と不安を煽って即決させようとしてくることがよくありました。
対策:
即決を迫られたときに売却するかしないかは車の所有者の自由です。提示された金額に納得がいくのであれば、すぐに売却するのも良いでしょう。しかし希望額に満たなかったり、希望額に達していても、1件目の買い取り業者だった場合などは即決はしないほうが無難です。

ケース3:ディーラーに下取りに出す場合

車を売却する手段のひとつにディーラーに下取りに出すという方法がありますが、この方法はあまり推奨しません。何故なら買取業者に売却するよりも価格が安くなることが多いからです。しかしすぐに車を買い替えなければいけない場合などは、売却と購入が一度で済む下取りをせざるを得ない場合もあります。
対策:
ディーラーに下取りに出すときに高く買い取ってもらいたいのであれば、自分が所有している車種が「下取りキャンペーン」の対象車となっているかチェックしてみましょう。対象となっていれば通常よりは高く下取りしてもらえる可能性があります。あとは車内を清掃して綺麗にしておく、改造している人は純正部品を売却の際に提出する、整備手帳もあれば提出する、といった基本的なことが対策になります。

ケース4:中古車買取業者や販売店への売却する場合

車を売却するのであれば、中古車買い取り業者や販売店に売却するほうが良いです。買取業者や中古車販売店は買い取った車を一般の人に販売する場合と、自動車オークションに出品する場合があり、どちらもその車を必要としている人がいる状態のため、割と高く買い取ってもらえる傾向があります。

まとめ

車の買取価格は相場は決まっていますが、中古車の状態というのは千差万別ですし、買い取り業者によって必要としている車種が全然違います。車を買い取ってもらう際は出来るだけ多くの車種を取り扱っている店に査定してもらい、自分の希望している金額に少しでも近づくように交渉するのが秘訣です。車の買取交渉の場合は上記を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)