2019.09.26買取査定

お得に乗り換えるならいつ? 車の買い替えに最適なタイミングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

24.お得に乗り換えるならいつ? 車の買い替えに最適なタイミングとは
車の乗り換えには適切なタイミング、お得なタイミングというものがあります。ベストな乗り換えの時期を知るにはどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。車の乗り換え、買い替えを考えている人向けに、最適なタイミングの見つけ方について解説します。

車の乗り換えに最適なタイミングとは

車を乗り換えるときにまず意識しておきたいのがリセールバリューです。リセールバリューとは中古車として売却するときの価値のことです。

通常、売る時期が遅くなればなるほど車のリセールバリューは下がっていきます。例えば新車を購入して3年以内に売る場合に比べて、4年落ちの以降の車は売却価格が大幅に下がってしまうことがあります。

いつ売れば大きく損をしなくてすむかの判断は難しく、様々な要素が絡んできます。トレンド、モデルチェンジのタイミング、対抗車種との兼ね合い、海外ユーザーからのニーズ……などなどです。一般的には多くの人が欲しがる人気車種や、特定のユーザーが指名買いをするような根強い人気を持つ車種ほどリセールバリューが高い傾向があります。

ただし、前述したように、リセールバリューは新しい車ほど高い、というのが基本です。つまり、車がまだ新しいうちに売却するほど高く売れる確率が高くなります。次の車が欲しいと思ったら、なるべくスピーディーに決断することがお得な乗り換えをする第一のポイントです。

今の車を高く売ることができれば、次の車を購入する代金に充てることができます。なお、その場合はディーラーなどへの下取りではなく、中古車買取業者に売る方が高く買い取ってもらえることも覚えておきましょう。査定は無料でできるため、買い替えを検討しはじめたときに今の車の査定価格を知っておくと、その後の判断材料になるかもしれません。

車の状態から考える乗り換えタイミング

ここからは、車の状態、維持費、ライフスタイルの3つの観点から最適な乗り換えのタイミングについて考えてみましょう。車の状態から考えたとき、お得に乗り換えられるのはどのようなタイミングでしょうか。とくに意識したいのは以下のポイントです。

走行距離や年式

リセールバリューを考慮すると、売却するときにまずチェックされるのが走行距離と年式です。走行距離は年間1万キロ以内であればおおむね適切と判断されます。また、走行距離が5万キロを超えると価格が下がり始め、10万キロを超えると大きく値落ちする傾向があります。

前述したように年式は新しいほど有利です。年式は新年になると同時に変わるので、その前に売却した方が高く売れるでしょう。

モデルチェンジの前

モデルチェンジには3~5年に一度のマイナーチェンジと、5~10年に一度のフルモデルチェンジがあります。マイナーチェンジのあとはややリセールバリューが下がり、フルモデルチェンジのあとは大きくリセールバリューが下落するのが一般的です。したがって、モデルチェンジの前が売りどきということになります。モデルチェンジの時期はネットなどをチェックすればある程度予想できます。

維持費から考える乗り換えタイミング

次に、車の維持費から乗り換えのタイミングを考えてみましょう。

車検の前

毎回10万円前後の費用がかかる車検の前も売りどきです。車検を通してから売ったとしても、売却価格が車検前より10万円以上高くなることはほとんど期待できないからです。

リセールバリューも3年、5年、7年という車検のタイミングに合わせて段階的に下がっていくことが多いので、これを目安とするといいでしょう。

メーカー保証が切れるとき

エアコンや純正ナビなどを含むほとんどの部品が保証対象となる一般保証は、新車から3年間または走行距離6万キロまでというのが目安です。また、エンジン、ステアリングなど重要部品については、特別保証として新車から5年間または走行距離10万キロまでです。

これらのメーカー保証が切れてしまうとリセールバリューががくんと下がることが多くなります。メーカー保証が切れる前に売ることを考えましょう。

自動車税の増税前

自動車税は新車登録から13年を経過すると増税されます。さらに車両重量によって定められている重量税も13年経過によって増税となります。これらの税金の負担が増える前に乗り換えるのも賢い選択です。

ライフスタイルから考える乗り換えタイミング

最後に、ライフスタイルの変化に合わせた乗り換えタイミングについて考えてみましょう。

家族が増えたら

結婚や子供が生まれて家族が増えると車の使い方が変わるものです。いわゆるファミリーカーを中心に次の車を探すことになるでしょう。リセールバリューを考えれば、先のことを見越してなるべく早めに乗り換えを実行するのがおすすめです。

転勤や引っ越しに合わせて

転勤や引っ越しによって住む環境が変わるときも同様です。都市部から地方へ移って、それまでの電車通勤から車通勤に変わるといったケースも考えられます。街乗りタイプの車から、雪道に強いフルタイム4WDに乗り換えたいと考える人もいます。この場合も売るタイミングは早い方が得をすることが多いでしょう。

 
ライフスタイルや車の使い方、経済的な事情によって、最適な買い替えのタイミングは異なります。もし迷ったときは、リセールバリューを1つのポイントとして考えてみると良いでしょう。車の買い替えを検討中の人は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

ラビットの買取査定

ラビットは中古車買取のプロフェッショナル。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取を実現しています。大切な愛車だからこそ「高く売りたい!」と思ったら、ラビットの無料査定にお気軽にお問合せください。愛車の高価買取価格をお調べいたします。今回ご紹介したクルマを高く売るコツは、「高く売るコツ12か条」でもご紹介しております。

⇒ラビットの車買取査定はこちら

⇒出張買取査定をご希望の方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)