2019.01.17豆知識

冬の雪対策は?車を安全に運転するための冬支度をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の雪対策雪深い地域に住んでいる方はもちろん、スノーボートなどの冬のドライブで気をつけたいのが雪道です。

そこで今回は、冬のアウトドアを安全に楽しむための雪対策や、車を安全に運転するための冬支度についてご紹介します。

 

 

車の冬支度は何をすればいい?

車の冬支度冬は車のトラブルが多い時期です。地域によっては冬支度をしない場合もあるかもしれませんが、トラブルを事前に防ぐためにも冬支度をしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

タイヤの交換・チェーンの準備

車の冬支度として、一番はじめにしておきたいのがタイヤ交換です。冬の時期は、スタッドレスタイヤに交換する必要があります。

交換前には溝の状態やダメージなどを点検し、必要なら新しいタイヤを用意しましょう。オールシーズンタイヤを利用している方も寒い冬に入る前に、タイヤの状態をチェックしておくことをおすすめします。

 

積雪量の多い地域でドライブする場合、スタッドレスタイヤ以外にチェーンの準備もしておきましょう。

 

バッテリーの確認・交換

タイヤに続き、寒い冬にトラブルが起こりやすいのがバッテリーです。ある日突然エンジンがかからなくなる……そんなことも考えられます。トラブルを防ぐためにも、車の冬支度としてバッテリーのチェック・交換も行っておきましょう。

 

 

フロント部分の凍結対策・雪下ろしグッズ

雪が降り始めると厄介になるのが、フロント部分の凍結です。そのため、凍結防止用の撥水(はっすい)剤や解氷剤と、氷をかきとるスクレイパーなども用意しておきましょう。

可能であれば、スノー用のワイパーなどに付け替えるのもおすすめです。車に積もった雪を下ろすためのスノーブラシなども事前に用意しておくと良いでしょう。

 

雪の中をドライブするときの注意点

雪の中をドライブするときの注意点車の冬支度だけではなく、雪の中をドライブする際にもいくつか注意点があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車間距離を取り、安全運転を

冬支度が完璧であっても気の緩みは禁物です。特に、大雪から降雪量が減ってきたときや、みぞれ混じりの雪道はスリップしやすくなっています。

他の車がスリップする可能性もありますし、アイスバーンにハンドルを取られる可能性も考えられます。雪道では車間距離を十分に取り、車線変更は必要以上に行わず、安全運転を心掛けるようにしましょう。

 

カーブや交差点では特に注意する

雪山を走るときには、カーブやトンネルの場所を事前にチェックするなどの対策も必要です。交差点など、車の往来が激しい場所では道路の雪が固まり、滑りやすくなっています。急なアクセルやブレーキ、カーブなどの運転を避けるため、時間に余裕を持って出発することが大切です。

 

駐車するときはワイパーを立てておく

フロントガラスの凍結対策として、駐停車する際にはワイパーを寝かせず、立てて駐車するようにします。また、フロント用スノーカバーなどをかぶせておくのもおすすめです。

 

車の冬支度はいつすればいい?

車の冬支度のタイミングで迷う方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、冬支度をするタイミングについてご紹介します。

 

雪が降らなくても、気温が低くなれば冬支度を

タイヤは気温によってブレーキ性能が大きく変わります。たとえ雪が降っていなくても、気温が低くなればスタッドレスへ交換しましょう。

また、雪予報がでると、タイヤ交換や点検など混雑する可能性があります。雪予報が出てから準備するのではなく、寒くなってきて来月には雪が降りそう……と感じてきたら準備すると良いでしょう。

 

おわりに

今回は、冬に向けての雪対策や冬支度についてご紹介しました。

寒い時期は、車のトラブルが起こりやすくなります。冬支度をしておくことで、事前に防げるトラブルもあるため、早めに対策をしておきましょう。

 

<記事NO.RC‐00225>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)