2019.01.31豆知識

フロントガラスが凍結…!真冬に凍ったフロントガラスを溶かす方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントガラスが凍結真冬になるとフロントガラスが凍結してしまい、車が出せない……なんてことがあるかもしれません。特に気温が氷点下になってしまう地域ではやっかいな問題ですよね。

ガラスが凍結してしまったままでは、前方がほとんど見えなくなってしまうため、そのまま走行するのは危険です。

では、フロントガラスが凍結してしまった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。そこで今回は、凍結したフロントガラスを溶かす方法をご紹介します。

 

 

凍ったフロントガラスに熱湯をかけるのはNG!

凍結しているのであれば熱湯をかければ良いのでは?と思う方も多いかもしれません。確かに、熱湯をかけるとすぐに溶かすことができますが、ガラスに悪影響を及ぼす可能性が高く、さまざまなリスクがあります。

 

ガラスは急激な温度変化に弱いため、凍結している状態からいきなり熱湯をかけると割れてしまう恐れがあります。フロントガラスに小さな傷などがついている場合、そこから一気に亀裂が広がってしまうケースもあり、注意が必要です。

 

気温が低い場合、お湯をかけても外気とお湯との温度差で発生する水蒸気がすぐに凍結してしまう、という悪循環に陥る可能性もあります。そのため、フロントガラスが凍結している場合、熱湯をかけることは避けましょう。

 

凍ったフロントガラスを正しく溶かす方法は?

正しく溶かす方法では、凍結したフロントガラスを正しく溶かす方法とはどのようなやり方があるのでしょうか。

 

少し時間はかかってしまいますが、暖機運転を兼ねて、エアコンでフロントガラスを暖めて溶かすという方法がベストです。ここでいきなりワイパーを動かすのはNG。凍結した状態でワイパーを無理に動かすと、ゴム部分にダメージを与えてしまいます。そもそも、凍結している状態でワイパーを動かしてもほとんど効果はありません。そのためワイパーを使用するのは、ある程度溶けてからにしましょう。

 

素早く解凍したいという方には、カーショップなどで販売されている「解氷スプレー」がおすすめです。0℃でも凍ることのないアルコールの性質の利用で、窓ガラスの氷点をより下げ、瞬時にフロントガラスの凍結解消が可能です。冬場に毎日使用するとなればそれなりのコストがかかってしまいますが、いざというときのために用意しておくと良いでしょう。

 

フロントガラスの凍結を防止するのも効果的

凍結を防止するフロントガラスが凍ってしまわないように、事前に防止する方法もあります。

もっとも簡単な方法が、できるだけ屋根があるところに駐車するという方法です。屋根のある場所に駐車するだけで空中にある水蒸気がフロントガラスに付着するのを回避できるため、凍結を防ぐことができます。車全体を覆う屋根が見つからない場合、フロントガラス部分だけでも屋根の下になるように駐車するだけでも効果的です。

 

また、ガラスの撥水(はっすい)加工も凍結防止に有効です。表面に水分がたまらないため、凍結しにくくなります。凍結してしまっても、簡単に表面の氷を溶かして落とすことができる点は大きなメリットです。

 

最近では凍結防止のフロントガラス用カバーもあります。毎回取り付け・取り外しをする必要がありますが、凍結防止には高い効果を発揮するでしょう。

 

おわりに

今回は、真冬に凍結したフロントガラスを溶かす方法についてご紹介しました。

フロントガラスが凍ってしまった場合、暖機運転や、カーショップで販売されている解凍グッズの利用がおすすめです。熱湯をかけてしまうとフロントガラスが割れてしまう恐れがありますので注意しましょう。

また、凍ってしまう前に、車庫に駐車する、フロント用のカバーを利用するなど事前に防止することも有効といえます。

冬もストレスなくドライブできるように、しっかり対策を立ててくださいね。

 

<記事NO.RC‐00231>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)