2017.06.22中古車購入

新古車とは?未使用車を購入するメリットと選ぶときのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新古車(未使用車)を購入するメリット中古車の購入を検討中に、プライスボードに「新古車」や「未使用車」と記載された車を見かけたことはないでしょうか。中古車購入が初めての場合は、この用語を知っている方は意外と少ないかもしれません。

そこで今回は、新古車や未使用車とは何か、購入するメリットや車選びのコツなどをご紹介します。

 

 

新古車とは?

新車を購入する場合はメーカーの販売店で購入し、ナンバー登録をして利用する流れになります。しかし、このナンバー登録を済ませただけで手放され、現在は誰も所有していない車のことを「新古車」と呼びます。

 

ナンバー登録されているだけで、実際はほとんど走行していないため、コンディションは新車と何ら変わりがありません。しかし、ナンバー登録されていない新車と区別するために「新古車」という名称で呼ばれるようになったようです。

 

現在では、中古車でありながらも新車であるかのような誤解を与えるとして、自動車公正競争規約によって「新古車」という表現は禁止されています。代わりに「未使用車」、もしくは「登録済み未使用車」と表現するのが一般的になっています。したがって、「新古車=未使用車」であり、中古車販売の広告でもこれらの表現が使われています。

 

なぜ未使用車(新古車)が出回るの?

展示などの使用等で出回る未使用車がどういう車を指しているのかは分かりましたが、なぜそのような車が存在するのか、いまいちピンと来ない方も多いでしょう。

 

未使用車が出回る要因として、ディーラーの販売台数ノルマがあります。実は、ナンバー登録の回数が新車の販売台数として数えられるため、あと少しでノルマが達成できるという場合には、ディーラーが販売している新車を自社名義でナンバー登録することがあるのです。新車として売れなくなった在庫は、抱えていても意味がないので中古車販売店に卸されます。こうして、未使用車が流通することがあります。

 

他にも、展示などで使用するためにナンバー登録された車や、手違いなどで顧客との取引がキャンセルになった登録済みの車も未使用車です。

 

 

未使用車を購入するメリットは?

コスト面で大きなメリット未使用車を購入するメリットと言えば、コストパフォーマンスの良さでしょう。ほぼ新車でありながら破格の安値で購入でき、自動車税もお得になるため、購入者にとってコスト面で非常に大きなメリットがあると言えます。

 

また、納車までの時間が新車よりも短かったり、必要な手続きを行うことで新車と同じようにメーカー保証 が受けられたり、といった有利なポイントが多くあるのも特徴です。新車同様の商品でありながら、中古同様のコストで購入できるのが未使用車なのです。

 

未使用車を上手に選ぶコツとは?

メリットが多い未使用車ですが、通常の中古車よりも流通している台数は少なくなります。もし自分の欲しい車が未使用車として売りに出ていたら、お得に購入できるチャンスです。人気のある車種はすぐに売れてしまうため、狙っているなら迅速に手を打つ必要があります。以下のポイントを押さえ、未使用車を賢く購入しましょう。

 

未使用車を選ぶコツ

・日頃から未使用車の相場感を身に付けておく

・事前に希望の車種・カラー・オプション・妥協点などを決めておく

・キズなどがないか、外装を細かくチェック

・次の車検がいつかチェック(その他保証についても確認する)

 

おわりに

今回は、新古車や未使用車とは何か、購入するメリットや車選びのコツなどをご紹介しました。未使用車は、中古車よりも車検が長く残っていることも多く、自動車税は中古車扱いで、納車までの日数が早いのもメリットです。一度ナンバー登録されているために中古車扱いとなる未使用車ですが、車自体はほとんど新車と言えます。何より新車で購入するよりもコストを抑えられるのが魅力的です。「新車を中古車の条件で購入できる」のが未使用車と言っても過言ではないでしょう。

 

<RC-00044>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)