2021.11.11買取査定

車の「下取り」と「買取り」それぞれで注意するべきポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を売るなら「買取り」がお得

車を売る際は「下取り」か「買取り」が一般的です。よく耳にするこれらの言葉ですが、具体的にその違いを知らない方もいるかもしれません。基本的な部分を押さえておかないと、自分に合った売却方法を選べずに後悔することも考えられます。

そこで今回は、車の下取りと買取りの違いや、それぞれで注意するべきポイント、買取りがお得と言われる理由についてご紹介します。

 

車の「下取り」と「買取り」の違い

大切な愛車を手放す時には、少しでも高い値段で売れて欲しいと思うものです。では、車を売る際の選択肢である「下取り」と「買取り」にはどのような違いがあるのでしょうか。車をより高く売るためにも、それぞれの違いを正しく理解して判断していきましょう。

車の下取りとは?

下取りと買取りの違い

新たに車を買い換えようとする際、それまで使い続けた愛車を売って購入代金の一部に割り当てるシステムを「下取り」と言います。下取り価格は主に各ディーラーが独自に持つ価格基準をベースに、車に付いたキズや走行距離などを加味して決定されます。

中古車の売却と同時に新車の購入ができる効率の良さや、代車を必要としないメリットもあり、これまで新車購入と言えば下取りが一般的でした。しかし、現在では買取りと下取りのどちらにするか悩むケースも多いようです。

 

車の買取りとは?

中古車買取りの専門店などで車を売却することを「買取り」と言います。新車購入を考える場合は、車を購入する前に、現在乗っている車を専門の買取り業者に依頼して価格査定します。そして、金額に満足すれば、買い取ってもらうという流れが一般的です。
下取りよりも高額の売却が見込め、ネット査定や出張査定などの便利なシステムもあるため、専門業者に依頼して買取りしてもらう方は増えてきています。

⇒高価買取のラビットに車の買取査定はこちら

 

車の「下取り」で注意すべきポイント

車の下取りを選択した場合、新しく購入する車が納車されるまでその車に乗り続けられるというメリットがありますが、その一方で中古車の価格相場が反映されにくいため、買取りと比べて査定額が低くなる可能性もあるため注意が必要です。例えば、人気の高いグレードやオプションが付いているなど、アピールポイントが多い車であっても、それほど高い査定額にならないこともあります。

また、下取り価格は新しく購入する車の代金に割り当てられるため、査定額が分かりにくいというデメリットもあります。例えば、予想していたよりもかなり高い下取り価格がついたと思ったら、実際には新しく購入する車の値引き相当額も含まれていたという場合もあるようです。下取りを決めてしまう前に、見積書の項目と金額をしっかりとチェックするようにしましょう。

車の「買取り」で注意すべきポイント

車の買取りは下取りと比べて高い査定額が期待でき、また売却金額は買取から一週間程度で振り込みされるため、好きな用途に使えるというメリットがあります。ただし、下取りの場合には、車の売却から新しい車の購入までを同じ会社で完結することができますが、買取りの場合に売却する会社と新しく車を購入する会社が別々だと、その分の時間と手間がかかるというデメリットもあります。

また、買取りの査定額には有効期限が設定されているのが一般的なため、査定をしてから実際に車を売却するまでの期間が決まってしまいます。新しく購入する車の納車が数ヶ月先という場合には、代車やレンタカーを手配するなどの対応が必要になる場合もあり、注意が必要です。

 

下取りより買取りの方が車が高く売れる理由

買取りが高く売れる理由買取りは下取りよりも高額の売却が見込めるのには理由があります。下取り価格と買取り価格に差が生じるのは、買取り業者側に中古車販売のシステムが確立されているからなのです。

 

全国に販売ネットワークがある

中古車の買取り業者は買い取った車に付加価値を持たせて、買取り額以上の価格で販売して利益を生み出すことを目的としています。その販売網は1つの地域に限らず、全国に展開して販売先を確保しているため、在庫リスクもなく高値での買取りが可能なのです。

⇒全国のラビットの買取店舗はこちらでお探しください。

市場の値動きがつかめる

中古車販売の実績とデータに加え、刻一刻と移り変わる相場の動向もほぼリアルタイムで把握できることから、市場価格に近い値段を提示できます。車を売るタイミングで変化する市場価格が分からなければ、適性評価もできません。正当に評価してくれるシステムがあることで車を売るユーザーも安心できるため、心置きなく愛車を手放すことができます。

 

在庫管理などの維持費がかからない

豊富な販売先を確立することにより、買取りから販売までのタイムラグを作らないシステムは、在庫管理費用の節減にもつながっています。中古車販売のノウハウを持たないディーラーなどは、売れ残りの中古車を維持管理するための経費も加味して売却価格を設定します。その違いが、買取りと下取りの価格の差にも表れているのです。

 

 

車の下取りと買取りを比較して自分に合った方法を選ぶには

車の下取りと買取りには、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分にあった方法を選ぶためには、まず何を最も優先するのかを明確にしておくことが大切です。一般的には下取りよりも買取りの方が査定額は高くなりますが、とにかく時間を節約して手続きを済ませたいという方であれば、下取りを選択した方が良いでしょう。

一方、これまで車を大切に乗ってきた方や、車にこだわりのカスタマイズをしてきた方など、多少手間がかかったとしても愛車の個性を評価してもらいたいと思うのであれば、買取りを選択するのがおすすめです。例えば、一見すると買取価格がつかなそうな車であっても、実は輸出需要が高く予想以上の査定額がつくというケースもあります。

 

車をより高く売りたいなら、下取りよりも買取りがおすすめ

「長年乗り続けた愛車を高い価格で評価してほしい」と思うのであれば、やはり専門業者への買取り依頼をおすすめします。高値で売れれば、その分新車購入のコスト負担も軽減できます。買いたい車種の選択肢も増え、マイカー購入の楽しみも大きくなるのではないでしょうか。

 

 

 

おわりに

中古車の買い換えと言えば以前は下取りがメインでしたが、買取り業者が増えたことで、現在では買取りを選ぶ方が増えています。理由はお伝えした通り、中古車に特化した販売ルートの確立などにより、買取りの方が高値で売れる可能性が高いためです。どちらの方法を選ぶにせよ、両者の違いをよく把握した上で、新たなカーライフにつなげていきたいですね。

 

ラビットの買取査定

ラビットは中古車買取のプロフェッショナル。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取を実現しています。大切な愛車だからこそ「高く売りたい!」と思ったら、ラビットの無料査定にお気軽にお問合せください。愛車の高価買取価格をお調べいたします。

⇒ラビットの車買取査定はこちら

⇒出張買取査定をご希望の方はこちら

<記事NO.RC‐00007>

 

 

<RC-00025>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)