2020.08.06ドライブ , 豆知識

軽自動車の寿命って短い?長持ちさせる方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ車(アメ車)の維持費はどれくらいかかる?

車は安い買い物ではないため、一度購入したら、できる限り長く使い続けたいことでしょう。しかし、長く使用しているとさまざまなところに不具合が出て、使用を続けることにより重大な故障・事故が起きてしまう場合もあります。そこで、この記事では、安心して乗るために知っておきたい軽自動車の寿命や長持ちさせる方法について紹介します。

そもそも軽自動車の寿命って?

国が示す自動車の安全性を見る指標に「法定耐用年数」があります。法定耐用年数とは、車を何年くらい使用できるかについて国が法令で定めている年数です。自動車の種類や使用年数によって法定年数は異なり、新車の軽自動車については4年と定められています。一方、中古車の場合だと法定耐用年数はさらに短く、(法定耐用年数-経過した年数)+(経過年数×0.2)の計算式で算出した年数です。

ただし、実際には4年を過ぎたら軽自動車は安全に使用ができないというわけではありません。何故なら耐用年数とは、そもそも業務に使用する車の資産価値を算出するために定められている年数だからです。走行距離や使用頻度などにもよりますが、現実的に乗れるとされる軽自動車の寿命は12年ほどとされています。

軽自動車の走行距離目安は?

車の寿命を考える際に、経過年数と併せて目安とされるのが走行距離です。走行距離とは車が走った距離を意味し、総走行距離が長いほど、車をたくさん走らせたことになります。総走行距離を知りたいときに確認する場所は、オドメーターです。オドメーターは、「ODO」と表示されていることもある車の運転席前方に装備された計器で、車が製造されてから現在までに走った総距離を示しています。メーターの交換などをしていない限り、数値が途中でリセットされたり、変えられたりすることは通常ないため、正確に総走行距離を確認することが可能です。
アメリカ車(アメ車)の維持費はどれくらいかかる?

車の使い方などによって違ってくるため、あくまでも一般論となりますが、軽自動車の走行距離は10万キロメートルが寿命の目安といわれます。(普通車は15~20万キロメートルが目安と言われています。)それならば5万キロなら安心かというとそうではありません。日々のメンテナンスや普段の走り方などでも消耗度合いが酷くなることもあります。とはいえ10万キロ以上になると丁寧に乗っているだけでは部品の消耗を避けることはできず、きちんとした整備をしているかどうかが最低限必要な要素となります。

軽自動車の寿命を長持ちさせる方法

軽自動車の寿命を少しでも延ばしたいなら、こまめなメンテナンスに気を付けることが重要です。また、普段の乗り方への気遣いひとつで、寿命が変わってくることもあります。ここでは、軽自動車を長持ちさせるために特に押さえておきたい3つのポイントについて紹介します。

オイル交換

エンジンオイルはエンジンの内部で使用されている金属同士の摩擦などを軽減しスムーズに動くように潤滑するなどの働きをもつ大事な役割をしています。車が走る際にかかる負担を少しでも抑えるためには、エンジンオイルの管理は必須となります。エンジンオイルの交換は、最低でも1年に1回行わなければなりません。走行距離で判断する場合には1万キロメートル走行したら交換するようにしましょう。ただし、車に大きな負担がかかるような走行が多くあった場合には5000キロメートルくらい走ったら交換が必要となる場合もあります。

タイミングベルト交換

タイミングベルトは、エンジン内部にある耐熱性や耐久性を強化したゴム製のベルトで、エンジンを回転させるために欠かせない部品です。劣化しているとエンジンが正常に回転できなくなってしまい、場合によってはエンジンが急に止まってしまい大事故を引き起こしてしまう場合もあります。(但し、全ての車種がタイミングベルトを採用している訳ではありません。)

タイミングベルトを交換するタイミングは走行距離10万キロメートルごとが目安です。ただし、距離をそれほど走っていなくても、状態を日常的にチェックしておくようにしましょう。タイミングベルトは芯の追加や表面の強化をしてはいるものの、そもそもの素材はゴムでできているので、使用頻度が少なくても経年劣化からは避けきれません。
アメリカ車(アメ車)の維持費はどれくらいかかる?

急ブレーキ、急発進などをしない

急にブレーキをかけたり、発進したりするとエンジンが高速で回転するため、部品への負担がかかりやすくなります。部品に負担をかけることは車の寿命を縮める行為です。車に負担がかかりにくい運転ができるように運転スキルを磨き、普段から省エネ運転を心がけるとよいでしょう。

まとめ

軽自動車の寿命を決めるのは耐用年数とは限りません。定期的なメンテナンスや普段の運転方法によっても変わってきます。総走行距離だけではなく、メンテナンスの状態など、この記事で挙げた点への配慮があった車かどうかは、中古の軽自動車を購入する際にチェックしておきたい大切なポイントです。また、現在使用している車に対しても、日常的にメンテナンスを行っておけば、いざ売却をしたいときに査定額が高くつきやすくなります。メンテナンスをきちんと行っているものの維持費がかかりすぎていると感じたら車を手放すのも方法です。現在の車を売却したり、維持状態のよい車へ乗り替えたりすることを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)