2018.10.04ドライブ

河口湖の紅葉に癒やされよう!おすすめのドライブルートは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

河口湖世界遺産にも登録され、世界中から注目を集めるようになった富士山。周辺エリアには美しい富士山を眺めることのできるスポットがいくつもあります。中でも富士五湖は、それぞれの角度から富士山の表情を楽しむことができるエリアとして有名です。観光客からは、とても高い人気を誇っています。

河口湖もその富士五湖の1つ。相模川水系の湖で、富士五湖の中でももっとも低い標高地点にあることから、高くそびえる富士山を眺めることが可能です。

そこで今回は、河口湖周辺のおすすめドライブルートやスポットをご紹介します。

 

 

河口湖ICから定番紅葉スポットを巡ろう!

河口湖ICから定番紅葉スポットを巡ろう!河口湖は、車でのお出掛けにも絶好のスポット。すぐ近くに河口湖ICがあるため、高速道路からダイレクトに周辺エリアまで走ることができます。ここでは、河口湖の定番紅葉スポットをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

有名なむかし話の舞台になった「河口湖天上公園」

河口湖ICから約3kmのところに位置するのが、河口湖天上公園カチカチ山です。有名な昔話「かちかち山」の舞台になったといわれているスポット。

正式な名称は天上山ですが、太宰治が「カチカチ山」をモチーフとして書いた短編「カチカチ山」の舞台になったことで、その愛称で親しまれています。

 

河口湖天上公園カチカチ山は、秋になると紅葉で色づくため、紅葉スポットとしても有名です。ロープウェイで登れば、美しい富士山を見わたせる展望台があり、美しい景観を堪能できます。単に絶景が楽しめるだけでなく、展望台にある「カチカチ山・天上の金」は縁結びのパワースポットとしても知られているため、カップルでのデートにもぴったりです。

 

60本のもみじを楽しめる「もみじ回廊」

天上山から御坂みちを少し進むと60本の巨木もみじを楽しめる人気の紅葉スポット「もみじ回路」があります。紅葉が見ごろの時期になると「富士河口湖紅葉まつり」が行われ、夜はライトアップされたもみじを鑑賞することが可能です。ライトアップされたもみじは、昼間に見るもみじとは異なり、幻想的な世界を楽しむことができます。河口湖の紅葉スポットを楽しむのであれば、ぜひ立ち寄りたい場所です。

 

富士山ともみじを堪能できる「もみじトンネル」

もみじ回路を抜けて、湖北ビューラインを進んでいくと、「もみじトンネル」があります。

もみじトンネルは、名前の通り道路沿いに並ぶもみじの木々がトンネルのようになっている紅葉スポット。美しい紅葉と富士山、河口湖を一緒に楽しむことができます。

 

河口湖をさらに進んで西湖へ

河口湖をさらに進んで西湖へ湖上ビューラインを利用してさらに河口湖から西湖へと抜けていくのもおすすめ。湖上ビューライン沿いも紅葉シーズンは木々が色づき景色を楽しむことができます。

 

 

 

 

 

 

 

美しい自然を楽しめる「西湖野鳥の森公園」

季節を問わず美しい自然を楽しめるスポット「西湖野鳥の森公園」も有名な場所です。その名の通り、約60種の野鳥が生息しており、バードウォッチングのスポットとしても知られています。

 

秋になると、一面が紅葉で色づくこともあって、秋になると多くの観光客が訪れるスポットです。河口湖周辺の紅葉ドライブのコースとしては、おすすめの場所の1つ。歩道も整備されていますので、ゆっくりと森林内の散策を楽しむことができます。

また、クラフト体験ができる工作室などもあり、ファミリー層にも人気があります。

 

 

おわりに

河口湖周辺エリアはとても豊かな自然に囲まれているため、紅葉ドライブを楽しむにはぴったり。道路も整備されていることから、ドライブルートとしても魅力的です。

特に紅葉シーズンにみられる絶景は、世界的にも注目されているほど。秋には多くの観光客が訪れるエリアですが、道路の整備も進んでいることもあって、それほどストレスを感じることもなく、快適なドライブを楽しめることでしょう。

 

<記事NO.RC‐00206>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)