2018.10.01ドライブ

【愛知】三河を車で観光したい!おすすめのドライブルートは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三河を車で観光したい名古屋ばかりがクローズアップされがちな愛知ですが、東側の三河地区もドライブや観光にぴったりの自然豊かなスポットがあふれるおすすめのエリアです。

そこで今回は、新東名高速道路の開通でアクセスもぐんと便利になった、愛知の三河エリアでおすすめの観光スポットやドライブルートなどについてご紹介します。

 

 

愛知の避暑地、茶臼山高原で自然と触れ合う

茶臼山高原で自然と触れ合う愛知県で最も高い標高1,415mにある茶臼山高原。長野県にまでまたがる広大な高原です。

茶臼山高原は、愛知では定番のドライブスポット。1年中豊かな自然を楽しむことができます。カップルでもファミリーでも楽しむことができる場所です。

 

 

 

 

 

さまざまなアクティビティで季節ごとに訪れたくなる

7~8月の真夏でも最高気温が24~25℃程度で、都会の蒸し暑さを忘れてのんびりできる、愛知屈指の避暑地です。春には地面がピンクに染まる芝桜、夏はカヌー体験や魚のつかみ捕り、秋には紅葉を楽しみながらハイキング、冬はスキーやスノーボードなど、1年を通じて楽しめるさまざまなアクティビティが開催されています。

 

ゴルフや天然温泉も楽しめる

周辺にはゴルフ場や美術館、日帰りで入れる天然温泉もあり、観光で1日いても飽きることがありません。ドッグランやバーベキュー、ブルーベリー狩りなど、デートや家族連れなどシチュエーションを問わず利用できるところも良いですね。

 

茶臼山高原までのアクセスは、三遠南信自動車道「鳳来峡インター」から1時間程度。イベント開催時は混雑する可能性があるため、道路の混雑状況をチェックして早めに出発すると良いでしょう。

 

 

三ヶ根山スカイラインで夜景に酔いしれて

三ヶ根山スカイライン三ヶ根山スカイラインは、東三河の蒲郡市と西尾市をつなぐ、およそ5kmの有料道路です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あじさいライン」のみどころはあじさいだけじゃない

6~7月になると道の両サイドにあじさいが咲き乱れる三ヶ根山スカイライン。「あじさいライン」としても有名なのですが、あじさいの季節以外の景色も美しいことを御存じでしょうか。三河湾が一望できるだけでなく、天候がよければ名古屋市まで見渡せるロマンチックな夜景スポットとしても定評があります。

 

恋人たちの小路から廃虚まで

山頂の展望台近くには「恋恋ストリート」と呼ばれるデートスポットがあり、夜にはハート型の電飾などが楽しめます。ローカルなエリアのため、道半ばには小さな廃虚も点々と並んでいて、そこはかとなくわびさびが感じられるのも風情があります。

 

三ヶ根山スカイラインは、東名高速道「音羽蒲郡インター」からオレンジロード経由で約10分。蒲郡周辺の行楽帰りに寄ってみるのもおすすめです。三河には他に本宮山スカイラインや三河湾スカイラインなど、快適なドライブが楽しめる道路があるため、ドライブ好きなら1つ1つ巡ってみるのも良いかもしれません。

 

 

三河湖で思いっきりドライブを楽しむ

豊田市にある人工の湖「三河湖」。三河湖には1周16kmもあるドライブルートがあります。周辺には車を止めて休める休憩所もあるため、ドライブを思いっきり楽しみたい方にはおすすめのドライブスポットです。

 

豊かな自然を楽しめる

三河湖の魅力は、豊かな自然を楽しめること。四季を通して変わりゆく自然を楽しむことができます。特に秋は、きれいに色づく紅葉を見ることが可能です。紅葉を見ながらドライブするのも良いでしょう。

 

キャンプや釣りもできる

楽しめるのはドライブだけではありません。三河湖の近くには、キャンプ場があるため、キャンプやバーベキューを楽しむことができます。その他にもバス釣りやレンタルボードで自然を満喫することが可能です。ドライブがてら、キャンプやバス釣りで自然と触れ合うのもおすすめです。

 

三河湖は、東海環状自動車道「豊田松平IC」から40分ほどでアクセスできます。

 

おわりに

今回は愛知県の三河エリアのドライブ・観光スポットをご紹介しました。

三河地方には、ドライブがてらに観光を楽しめるスポットが豊富です。特に自然を楽しむことができるスポットが多く、リフレッシュしながらドライブを楽しめることでしょう。

 

<記事NO.RC‐00208>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)