2018.09.29イベント

自然が満喫できる旅先もカートラジャパンで発見?【カートラジャパン2018】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_1428-min

カートラジャパン2018には、自治体や宿泊施設も参加しており、自然を満喫できる旅先を探すこともできます。今回は訪れたブースとその魅力をご紹介します!

 

1.休暇村那須キャンプ場

72ffbd59-51c4-4414-bc90-61ba02ee262e

オーソドックスなキャンプが手ぶら&手頃に楽しめます。都心からも車でアクセスできるので、マイナスイオンを全身に浴びたい!という方にはおすすめです。テントの持ち込みも可能なので、もちろんアウトドアのプロにもピッタリのキャンプ場です。休暇村のブースには様々なエリアのパンフレットがあるので、とりあえずもらいまくって、その中でチョイスしても楽しいかもしれません。

 

2.長野県小谷村

416f814b-b848-4ab5-9e14-3fe60ae6dc3e

小谷村は「おたり」と読みます。小谷エリアは栂池や白馬などが有名で、アウトドアにはもってこいのエリアです。夏は高原を楽しんだり、冬はウィンタースポーツなど、アクティブな人にオススメのスポットです!また星が綺麗に見られるので、恋人や友達と来ても楽しめるかもしれません。

 

3.滋賀県米原市

d5fd800f-7d39-432d-bfa3-073fea6f3323

最後に編集部が気になったエリアをご紹介します。滋賀県米原市のブースに行くと・・・

ba0f5463-3325-4484-90e7-904d34f1fedb

これ何だか分かりますか?一見鰹節のようにも見えますが・・・

e0e5b325-da79-4204-96f2-69fef8576595

なんと猪と鹿の燻製なんです!ブースで試食をさせて貰ったところ、薬木の香りが口の中に漂い、とても美味しかったです。食に走ってしまいましたが、米原市はアウトドアに欠かせないシュラフで有名な「NANGA」があります。ブースで体験することもできますよ!

 

連休に行く旅先の参考にも!

カートラジャパンでは思わず訪れたくなるユニークなエリアや施設のブースもあるので、情報収集してみても良いかもしれません。キャンプしたい!自然を感じたい!という人は是非チェックしてみてください。

【カートラジャパン2018関連記事】

カートラジャパン2018開幕!アウトドア好き集合!

こんな時にも活躍!〇〇な移動空間【カートラジャパン2018】

「見る」だけじゃない!グルメから体験も満載【カートラジャパン2018】

ワクワクしちゃう!オシャレなアウトドア用品&キャンピングカー【カートラジャパン2018】

愛犬と一緒に楽しめる!いぬのきもちフェスタ【カートラジャパン2018】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)