2019.02.14豆知識

車の車検が高いとお悩みの方必見!価格がお店によって違う理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車検が高い車の購入を検討する際に真っ先に維持費について考える方が多いのではないでしょうか。

そんな車の維持費の中でも、特に大きな割合を占めるのが、車検の費用です。2~3年に一度の車検ですが、かなりの費用がかかります。そんな車検費用ですが、お店によって大きく異なる場合があり、注意が必要です。

そこで今回は、車検の価格がお店によって異なる仕組みを詳しくご紹介します。

 

車検の価格の内訳

車検の費用と聞くと、内訳の全てが車の検査や、交換が必要な消耗品の費用……そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

実際の内訳は、車検を受ける際に支払う義務のある「法定費用」と点検や整備にかかる「点検・整備費用」に分かれています。

 

法定費用は、自動車重量税や、加入が義務づけられている自賠責保険、検査手数料などの代金です。点検・整備費用には、整備技術料や部品代などが含まれています。

車検の価格がお店によって違う理由は?

法定費用は車の車種や排気量などによって決まっており、どの業者に依頼したとしても同じ金額になります。

 

車検を依頼する業者によって車検の価格が異なるのは、「点検・整備費用」です。この費用は簡単に言うと「業者の取り分」にあたるため、業者側である程度自由に設定できます。そのため、「点検・整備費用」で、お店ごとに車検の価格に差が出るのです。

 

ディーラー車検は高い?その理由は?

ディーラー車検車検を受ける際に、多くの方が最初に検討するのはディーラー車検ではないでしょうか?

新車をディーラーから購入した場合、必ず車検の案内が届くため、特に何も考えずにそのまま依頼しているという方は少なくないかもしれません。

 

一般的なディーラー車検は割高になってしまう傾向があります。もちろん、メーカーやディーラーによって料金が異なりますが、消耗品などの交換には純正部品が使われます。より割安な汎用部品などがあったとしても、純正部品が使われるため、割高となってしまう可能性が高いのです。

 

その一方で、確実に純正部品を使った整備を受けられるだけでなく、徹底した点検と、必要に応じた修理サービスを受けられるというメリットがあります。

 

 

民間の修理工場の方が安い?デメリットはあるの?

民間の修理工場の方が安い?ディーラー車検以外の選択肢が、民間の修理工場による車検です。近年では、カーショップやガソリンスタンドなどでも車検の受付を行っています。民間の修理工場の選択肢は無数にあるため、料金や車検のサービスを比較しながら選ぶことができるでしょう。

 

民間の修理工場のメリットとして挙げられるのは、費用が安くなるケースが多い点です。

修理やパーツの交換が必要な場合も、リビルドパーツや社外品の使用でコストを抑えることができます。

さらに、工賃そのものも価格が抑えられているケースがほとんどです。そのため、総合的に比較をするとディーラー車検でかかる費用と、かなり差が出ることがあるでしょう。

 

ただし、工場によって整備の方法や基準、また技術などにバラつきがあり、信頼できる工場を探す必要があります。また、近年増えているハイブリッド車や、EV車などには対応できないケースが多いという点は、デメリットとして挙げられるでしょう。

 

おわりに

「車検はどこで受けても同じようなもの……」そう考えている方が多いかもしれません。

しかし、価格や検査や整備の方法、使用される部品などによって異なるのが実情です。車をもつと、ガソリン代はもちろんのこと、税金や定期的なメンテナンス費用、タイヤやオイルなどの消耗品の交換費用など、何かとコストがかかるものです。

だからこそ、車検を依頼する際はそれぞれのメリットやデメリット、コストパフォーマンスまでしっかりと考えた上での検討が安心です。十分な確認とリサーチで、より納得できる車検サービスが選べるでしょう。

 

<記事NO.RC‐00230>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)