2020.01.30豆知識

車のチェーンの選び方は? 種類や特徴を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 44.車のチェーンの選び方は? 種類や付け方も解説!
冬のおでかけの際に気をつけなくてはいけないのが、雪道や凍結路面への備え。安全なドライブを楽しむためにも、用途や目的に合ったタイヤチェーンを準備しておくことが大切です。というわけで今回は、車のタイヤチェーンの選び方について、詳しくご紹介していきます。

車のチェーンの種類

タイヤチェーンは大きく分けて「金属チェーン」、「非金属チェーン」、そして「布製チェーン」の3つの種類に分類することができます。それぞれの特徴やメリット・デメリットを正しく理解した上で、用途や予算に合ったものを選ぶのがおすすめです。

金属チェーン

昔から根強い人気がある「金属チェーン」。タイヤチェーンといえばこのタイプを連想する方も多いのではないでしょうか。金属チェーンには、上り坂に強く横滑りに弱い特徴のある「はしご型」と、横滑りに強く、はしご型よりも乗り心地に優れている「リング型(亀甲型)」の2種類があります。

いずれのタイプも比較的低コストで購入することができ、コンパクトに収納できるのが特徴で、メンテナンスをきちんとしていれば長期利用できる耐久性の高さも魅力のひとつです。特に雪道での安定性に優れていて、豪雪地帯でも多用されています。

ただし、金属製ということで錆ができやすいという特徴があるため、保管時にきちんと乾かす必要があることや、雪道以外では取り外す必要があることなど、メンテナンスが面倒というデメリットも。また、金属製のチェーンは剛性が高い一方で、装着時の乗り心地が悪化してしまったり、騒音が気になってしまったりする場合もあるようです。走行時には30km/hを超える速度を出すことができないという不便さもあります。

非金属チェーン

非金属チェーンは、ゴムやウレタン樹脂でできているタイプのことで、JASAA(日本自動車交通安全用品協会)によって性能の基準が定められています。金属チェーンと比べると圧倒的に静寂性に優れているのが特徴で、時速50km/hまで速度を出すことが可能です。

メリットとしては、走行時の音が静かで乗り心地にも優れている点や、雪道以外で使用しても切れにくいという点が挙げられます。また、非金属性にはさまざまな種類があるため、用途に合わせて選びやすいというのも魅力のひとつでしょう。

一方、金属チェーンと比べるとどうしてもコストが高くなってしまうことや、コンパクトに折りたたむことができないため車内で保管をする場合にスペースを取るという点がデメリットとして挙げられます。とはいえ、トータルで見ると金属チェーンよりもメリットが多いため、最近ではこの非金属チェーンがタイヤチェーンの主流となっています。

布製チェーン

非金属チェーンと並んで近年増えてきているのが、タイヤ全体を「オートソックス」と呼ばれる布製のカバーで覆って使用する「布製チェーン」です。他のチェーンと比べて軽量のため取り付けが非常に簡単で、価格も1万円弱とコストパフォーマンスにも優れています。圧雪路面での性能も他のタイヤチェーンよりも高く、装着時の乗り心地や静かさも抜群です。

その一方で、布製ということから走行時の摩擦によって劣化しやすいというデメリットも。特に雪のない道路を走行してしまうと、途端に使い物にならなくなってしまうため注意が必要です。また、チェーン規制が出ている道路のなかには、布製チェーンで走行できないところも多いため、お出かけの際にはあらかじめ確認しておく方が良いでしょう。

スタッドレスタイヤとどう違うの?

車で雪道を走行する際には、タイヤにチェーンを装着するか、タイヤそのものをスタッドレスタイヤに変える必要があります。では、タイヤチェーンとスタッドレスタイヤはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違いや特徴、メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

タイヤチェーン

金属製やゴム製のチェーンをタイヤに装着して使用します。スタッドレスタイヤと比べるとコストパフォーマンスに優れており、雪が積もっている道路や凍結している道路などでの走行時も滑りにくいのが特徴です。ただし、基本的には「緊急脱出用」のため、乾燥路や雪のない凍結路を長時間走り続けているとチェーンが切れてしまうことも。

スタッドレスタイヤ

ノーマルタイヤよりも深い溝が刻まれたスタッドレスタイヤは、雪道・凍結路・アイスバーンなど冬のあらゆる道に対応できるのが特徴です。スタッドレスタイヤを使用していれば、高速道路のチェーン規制であってもそのまま走行することが可能ですが、特別大雪警報などが発令されている際には、スタッドレスタイヤであってもチェーンの装着が義務付けられることもあります。

また、タイヤチェーンは駆動輪だけに取り付ければ良いのに対し、スタッドレスタイヤの場合は全てのタイヤを変更する必要があるため、コストが割高になってしまうというデメリットも。

車のチェーンの選び方のポイント

では、実際に車のチェーンを選ぶ場合には、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。購入時に押さえておくべきポイントを詳しく見ていきましょう。

価格

ゴムやウレタン樹脂素材でできた非金属製チェーンは最もコストがかかるため、できるだけ価格を抑えるのであれば布製チェーンを、耐久性と価格の両方を考慮するのであれば金属チェーンがおすすめです。

使用頻度

タイヤチェーンの使用頻度が少ないのなら、コストパフォーマンスに優れて装着しやすい布製チェーンがおすすめです。使用頻度が高い場合には、耐久性に優れた金属製やゴム製のものが良いでしょう。

付けやすさ

タイヤチェーンの付けやすさは、チェーンの種類によっても難易度が異なります。出先で取り付けをする場合には、できるだけ簡単に取り付けできるものを選ぶのがおすすめです。

乗り心地や音

雪が少ない道路や凍結路では、振動や騒音が気になります。恋人や友人などとの会話を楽しみたいのなら、できるだけ振動が少なく静寂性の高いものを選ぶと良いでしょう。

 
上記でご紹介した内容を参考にして、自分に合ったチェーンを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)