2019.12.12豆知識

どんなリスクがある? 車の個人売買の注意点とよくあるトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

37.どんなリスクがある? 車の個人売買の注意点とよくあるトラブル
車を売りたい、買いたいと思ったとき、個人売買ならお得に取引できると考えたことはないでしょうか。しかし、車の個人売買を行うときには、様々なリスクがともなうことを知っておく必要があります。車を個人売買するときに気をつけるべき注意点やよくあるトラブルについて解説します。

車の個人売買のリスク

友人・知人との間で車を売買したり、インターネットのオークションなどを使って個人間で売買したり……というのが車の個人売買の主な方法です。インターネットやフリマアプリの普及にともない個人売買という手段は世間に浸透しつつありますが、車を個人売買するには様々なリスクがともないます。販売店での売買に比べてどんなリスクがあるのか知っておきましょう。

まず大きな問題として挙げられるのが、車の状態を客観的に知ることが難しいという点です。判断基準がなく、素人による確認に頼らざるを得ないので、金額もあいまいなものになります。あとから故障や不具合が発覚すればトラブルの種ともなりかねません。

契約書を交わすことなく取引を進めてしまうのもトラブルを招く要因になります。いい加減な取引相手に当たってしまうと名義変更などの手続きがきちんと行われなかったり、あとからクレームをつけられたり、そもそもまともに代金が支払われなかったりといった問題が起きてしまう可能性があります。取引相手が見つかったときには高く売れた、安く買えたと思っても、結果的に大変な苦労をして損失を被ってしまうかもしれません。

車の個人売買でよくあるトラブル

車の個人売買では、具体的にどんなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか。よくあるトラブルについて見ていきましょう。

手続きに関するトラブル

個人で売買する場合、名義変更については基本的に購入者側が運輸支局に行って手続きをすることになります。しかし購入者が名義変更を怠っていると、売却者のもとに自動車税の請求が届くことになります。ほかにもその状態で購入者が駐車違反などを犯して出頭しないでいると、書類上の持ち主である売却者に罰金の請求がやってきます。

名義変更の手続きは必要書類を揃えるだけでも手間がかかり、多くの人が面倒だと感じるはずです。売却者側も譲渡証明書や印鑑証明書、委任状などを用意しなければならず、これらに不備があればまた余計なやりとりをしなくてはならなくなります。手続きに関するトラブルが多いのは、こうした手続きの煩雑さによるところもあります。

代金に関するトラブル

代金がきちんと支払われないというのは、個人売買で最もよく発生するトラブルです。基本的にローンでの支払いはできないので、購入者は代金を一括で支払わなければなりません。車の代金はそれなりに大金になるので、何らかの事情で全額用意できなくなると支払いが遅れることになってしまいます。売却者にとっては非常に頭の痛いトラブルです。ネットを介しての取引では、あとからいきなり値引き交渉をされるようなこともあります。

車の状態に関するトラブル

車の引き渡しが終わったあとで事前に知らされていなかった故障箇所が見つかった、あるいは突然故障したといったトラブルが起きることもあります。とくにエアコンの故障など修理にかかる費用が高額になる場合は揉める原因となりやすいでしょう。

取引前には知らされていなかったのに、事故歴があったことがわかることもあります。購入者側が実際に現物を引き渡されたときに「思っていたのと違う」と感じると、それをきっかけにトラブルに発展することも考えられます。

極端な例では、購入した車が盗難車だったというケースに遭遇する可能性もゼロではありません。ネットを介した取引では現物を写真などでしか確認できないことが多いため、車の状態に関するトラブルも起きやすくなります。

車の個人売買の注意点

個人売買は上記のようなリスクがあるため、個人間でもしっかりと契約書を交わすべきです。例えば事前に十分な説明がされていなかった故障、不具合、キズなどがあった場合にはどうするかということについて契約書に記載し、お互いに同意をしておく必要があります。名義変更に関して心配な場合は、「一時抹消登録」の手続きをして引き渡しをするという方法も検討しましょう。

また、車の状態は交換したパーツ、修理部分、所有者歴、事故歴などについて情報の共有を図りましょう。ローンの残債、税金の未納などについても要確認です。

信頼できる中古車買取・販売店に任せよう

個人売買にはリスクがつきものです。これはどれだけ対策を立てたとしてもゼロにすることはできないでしょう。たとえ良さそうな条件に見えても、トラブルなく気持ちのいい取引ができるかどうかは保証されません。万が一自分に非があれば責任を持って対処しなければならず、非がなくてもトラブルに巻き込まれたり、騙されてしまったりすることもあります。

そうしたリスクを考えれば、車の売買はプロに任せるのが最も安心できる方法です。信頼できる中古車買取・販売店を選べば、上記で説明したようなトラブルが起きることはまずありません。

車は人生でも大きな買い物のひとつですから、後悔のないように納得のいく取引をしたいものです。愛車を手放したい、または新しく購入したいという場合には信頼できる買取店・販売店に任せましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)