2019.04.25買取査定

何が必要? 車を買い替える際の手続きと流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2.何が必要? 車を買い替える際の手続きと流れ

「そろそろ車を買い替えたい」と思ったら、どんな流れで、どんな手続をすれば良いのでしょうか。ディーラーから新しい車を買って今の車は下取りに出す……というやり方は手間はかかりませんが、お得とは言えません。最近の主流は今ある車を買取店に売却し、そこで得たお金を新しい車を購入するための資金にする方法です。その場合に必要となる手続きと流れについてご紹介していきます。

車を買い替えるときの一般的な流れ

車を買い替えるときは今乗っている車を売却して、新しい車を買う代金に充てるという方法を選ぶ人が増えています。その場合の車の買い替えの一般的な流れは、次のようになります。まずは流れを把握して手続の手順を知っておきましょう。

1.購入したい車の相場を調べる

まず購入したい車の候補をいくつかに絞って価格を調べ、予算を把握しておきます。新車だけでなく、中古車の場合はどれくらいの値段になるのかも調べてみると選択肢が増えるでしょう。
 

2.売却予定の車を査定に出す

売却する予定の車の買取価格の相場を確認するために無料査定に出します。インターネット査定、実店舗に来店しての査定、出張査定などの方法があります。まずはだいたいの金額を知りたいという場合はインターネット査定が簡単ですが、正確な買取価格は実車を見てもらわないと分かりません。忙しくてあまり時間が取れないという場合は、中古車買取店に出張査定に来てもらうと良いでしょう。査定の相場は日々変動するため、売却はなるべく早い方が高値で買い取ってもらえます。
 

3.購入する車種を決める

売却する車の買取価格がわかったら、目的や用途に合わせて欲しい車のタイプを選びましょう。購入したい車の価格と見比べて価格差を計算し、新たに出すお金との兼ね合いも考えて実際に購入する車種を決めます。
 

4.売却・購入の手続き

売却する買取店が決まり、購入する車種が決まったら、売却と購入の手続きをします。売却は車両の引き渡しをして必要書類を提出後、2~5営業日ほどで指定した銀行口座に代金が振り込まれます。

それと並行して購入の手続きをしますが、売却車両の引き渡しと購入車両の納車のタイミングを上手く合わせないと車がない期間が発生するので注意しましょう。
 

5.納車

購入した車が納車されます。車の状態をチェックするために日中に届けてもらうようにしたほうがいいでしょう。

 

車の買い替えに必要な手続きや書類

実際に車の買い替えを進める際にはどんな手続きや書類が必要になるのでしょうか?車の売却時と購入時に必要になってくるものをそれぞれ解説していきます。書類の保管場所や、再発行が必要なのかどうか、確認しておきましょう。

車の売却時に必要なもの

売却時には、以下のものが必要になります。
 
(1)自動車検査証(車検証)
(2)印鑑登録証明書(印鑑証明書)
(3)実印
(4)自賠責保険証明書
(5)自動車納税証明書
(6)リサイクル券(預託済みの場合のみ)

 
自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書は万一、紛失してしまっていてもそれぞれ再発行が可能です。このほかに名義変更(移転登録)の手続きは買取店に代行してもらうのが一般的で、その場合は「委任状」を作成します。委任状は買取店が用意してくれるので、それに署名・捺印すればOKです。

また、軽自動車の場合は実印と印鑑登録証明書は不要で、認印があれば大丈夫です。自動車納税証明書は軽自動車納税証明書になります。普通車と軽自動車の場合で必要なものが異なるので注意しましょう。
 

車の購入時に必要なもの

購入時には、以下のものが必要になります。
 
(1)印鑑登録証明書
(2)実印
(3)車庫証明書

 
車の登録や名義変更手続きをするにはこちらも委任状を作成します。なお、軽自動車の場合は実印と印鑑登録証明書は不要になり、代わりに認印と住民票が必要になります。

 

車の買い替え時に注意したいポイント

まず、売却する車のローンを払い終えていない場合は、そのことを買取店に伝えると買取価格からローン残債額を差し引いた金額が支払われる形になります。残債分は買取店が一括で返済してくれます。買取ってもらう際にローンの支払が残っていることを伝えてください。逆に買取価格よりローンの残債額が大きいときは、逆に不足分を買取店に支払うことになります。
 
自動車税は滞納や未払いがないかを確認し、売却する前にすべて払っておくのが基本です。滞納があると、売却に必要な自動車税納税証明書が発行できないので、必ず確認しておくようにしましょう。
 
また、任意保険は、名義をそのままにして車両情報だけを入れ替えられます。新しい車検証(コピー可)を用意して、保険会社か代理店に連絡し、車両入替する旨を連絡すれば手続きを進めてもらえます。
 
 
車の買い替えに必要な手続きは、事前にどんな書類が必要なのかなどがわかっていれば、それほど難しいものではありません。わからない点はその都度、買取店や販売店に聞いて確認していきましょう。買い替えを検討中の方は、上記を参考に手続きを進めてみてください。
 
 

ラビットの買取査定

ラビットは中古車買取のプロフェッショナル。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取を実現しています。大切な愛車だからこそ「高く売りたい!」と思ったら、ラビットの無料査定にお気軽にお問合せください。愛車の高価買取価格をお調べいたします。今回ご紹介したクルマを高く売るコツは、「高く売るコツ12か条」でもご紹介しております。

⇒ラビットの車買取査定はこちら

⇒出張買取査定をご希望の方はこちら
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)