2022.03.10中古車購入

車購入の際に頭金なしでもローンは組める? 頭金なしのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を購入する時のローンに頭金って必要?車の購入でローン(自動車ローン、マイカーローンなどと呼ばれるローン)を利用する際に、頭金をどうするか迷った方も多いでしょう。できるだけ手持ちの現金を減らしたくなければ、頭金なしのフルローンで車を購入したいもの。そもそも車のローンに頭金は必要なのでしょうか。
今回は、車を購入する時のローンを頭金なしとした場合のメリットとデメリットをご紹介します。

 

車のローンに頭金は絶対に必要? 頭金なしでも借りられる?

車を購入する時のローンについて調べると、「車のローンに頭金は必要ない」という情報もあれば「いや、頭金を準備しないと車のローンが組めない」という方もいます。実際はどちらが本当なのでしょう。

基本的には頭金なしでも大丈夫

車を購入する際に、頭金の準備をしなくてもローンを組むことはできます。厳密にいうと「頭金なしでもローンの審査が通る場合」に、頭金なしでのローン組みが可能になるという意味です。この状況は、新車でも中古車でも大きな違いはありません。ローンの審査は、どのような車を買う場合でも、問われるのは返済能力があるかどうかです。ただし、新車と中古車ではローン金利が異なる場合があり、一般的には中古車より新車のほうがローン金利は低い傾向にあります。

また、従来は頭金を支払うのが一般的でしたが、現在は頭金なしのフルローンが主流になっていることや、ローンの金利がさほど高くないことから頭金なしで契約する方が増えています。

 

車購入のためのローンはどこで借りられる?

車購入のためのカーローンは、大きく分けて「銀行系」「ディーラー系」「ノンバンク系」の3つがあります。
「銀行系」とは、銀行、信用金庫、JA(農協)などの金融機関によるカーローンです。銀行系は、審査は比較的厳しいものの金利が低めと言われています。またローン返済中でも車の所有権を持てることがメリットです。

「ディーラー系」は、カーディーラーと提携している信販会社のカーローンです。審査は通りやすいものの、金利は高めという特徴があります。ローンを完済しないと車の所有権が持てません。

「ノンバンク系」はクレジットカード会社や消費者金融によるカーローンです。ノンバンク系には個人のローン借入可能額が年収の3分の1までという規制があるため、他にローンを組んでいる場合には注意しましょう。

 

車購入のローンで頭金が必要なケースは?

基本的には頭金なしでローンを組むことはできます。しかし、なかには頭金がないことでローンの審査が通りにくくなるケースも。それは下記の2つです。

1)収入に対してすべてのローン返済額が大きすぎる場合

車のローンだけではなく、住宅ローンや教育ローン、キャッシングといった月々に発生するローンもあるでしょう。これらの返済額の合算が収入の3割を超えてくると、新規に受けるローン審査が通りにくいとされています。

 

 

2)高級車を購入する場合

高級車を購入する場合他のローン返済がなかったとしても、収入に応じた借入可能額を超えるような、高額な車を購入する場合も同じです。借入可能額は年収に応じて変わるため、しっかりと返済能力があるかどうかがローン審査のポイントになります。

車をローンで購入する際の頭金は一般的に「車両本体価格の20~30%程度」が相場と言われていますが、上記のケースのように、年収から見て高額と思われる車を購入する場合には、より多い頭金を求められる可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

車のローンを頭金なしで借りる際のメリット

頭金なしでローンを組んで車を購入する場合、下記のようなメリットが得られます。

欲しい車、新しい車が早く買える

頭金なしのローンであれば、手元にお金がなくても欲しい車をベストなタイミングで買うことができます。新発売の人気の車種をいち早く確保したいときや、一点物の中古車を気に入って買い逃したくない場合などに、頭金なしのローンの利用は便利です。また、乗っている車の故障や、転勤などの突発的なニーズでは、車の購入を待つということが難しいですが、こうした場合にもお金が貯まるまで待つ必要がありません。

預貯金に余裕を持たせ、急な支払いに対応できる

無理をして頭金は支払わず、手元の預貯金に余裕を持たせておくと、急な支払いにもゆとりを持った対応ができます。たとえば病気やケガの治療費、突然の家電の故障、冠婚葬祭などは待ったなしです。

また、何らかの事情で急に収入が減少するような状況も同様です。車のローンの頭金を支払ったために、緊急の支払いができず、普段の生活が苦しくなってしまっては本末転倒といえるでしょう。預貯金に余裕がない場合は、ローンの頭金はなしにしておくと安心です。

 

車のローンを頭金なしで借りる際のデメリット

頭金なしだと、欲しい車が早く買えたり、預貯金に余裕を持たせたりできることが分かりました。しかし、頭金なしのローンで車を購入する場合の下記のようなデメリットについても頭に入れておく必要があります。

ローンの審査に通りづらい可能性がある

諸費用分の支払いに注意するローンの審査は、借主に支払い能力があるかどうかが判断基準になります。そのため、頭金がないことは、借主の計画性や信頼性、経済力などが不十分なのではないかと貸主の銀行やディーラー側から判断され、ローン審査が通りづらくなる可能性があります。また同時に、頭金がないとその分借入金額が多くなるため、より審査は厳しくなります。

 

月々のローン返済額が大きくなる

頭金あり・なしで、返済期間が同じであれば、頭金なしのほうが月々のローン返済額が大きくなります。収入に対してローンの返済額が占める割合が大きいと、生活全体を圧迫しかねません。急な出費や収入の減少にも耐えられなくなる恐れがありますので、収入とローン返済額のバランスは慎重に考えましょう。

また、頭金なしの場合は、ローンの利息が増えるため、返済する総額も大きくなることを考慮する必要があります。

「頭金なし」の場合と「頭金あり」の場合のローン返済額の比較表

150万円の車を金利3%、返済期間5年(「毎月返済」「元利均等返済」)の場合の比較表

月々の返済額 利息合計 総支払額
頭金なし 26,953円 117,180円 1,617,180円
頭金50万円 17,968円 78,120円 1,578,120円

150万円の車をローンで購入する際に、頭金なしの場合と、頭金を50万円入れた場合とで、どのような違いがあるかをシミュレーションしたのが上記の比較表です。

この結果を見ると、頭金なしの場合に比べて、頭金50万円を入れた場合は、毎月の支払額では8,985円、利息合計(総支払額)では39,060円をそれぞれ減額することができます。

このように、頭金を入れることによって、毎月の返済額や総額を減らすことができます。ただし、車両や頭金の金額や金利、ローン期間など条件によっては、さほど大きな差にならない場合もありますので、実際の条件でシミュレーションしたうえで検討することをおすすめします。

 

 

おわりに

今回は、車のローンを頭金なしで組めるかどうかなどについてご紹介しました。

手元に資金を残しながらローンの審査を通過したい場合は、すでに所持している車を売却し、その分を頭金や資金に充てるという方法もあります。車の買い替えを検討している方は、買取店での査定も視野に入れてはいかがでしょうか。

 

<記事NO.RC‐00133>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)