2020.12.17豆知識 , 買取査定

ちょっと待って!愛車の査定前に確認しておきたい3個のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと待って!愛車の査定前に確認しておきたい3個のポイント

愛車を手放す際には、なるべく高く売却したいと考える方が多いでしょう。また、売却までの流れをあらかじめ理解しておくと、スムーズに愛車とのお別れができます。そのためには、事前の準備と確認が重要です。そこで今回は、愛車を査定に出す前に確認しておきたい3つのポイントを解説します。それぞれのポイントをチェックした上で査定に出しましょう。

ポイント1:車を売却するまでの流れと段取りは?

車を売却するまでの流れ

車を実際に売却する前に、まずは売却方法を決める必要があります。一般的には買取業者に買い取ってもらうことが多いですが、業者に売却する場合は、買取業者を選択しなければいけません。ネットで調べたり口コミをチェックしたりして、業者をいくつか選びましょう。ある程度業者が決まれば、査定依頼をします。対応のよさや査定金額を比較できるように、相見積もりを取ることをおすすめします。また、あまりにも査定金額が低い業者を避けるために、売却したい愛車の買取相場を事前にネット等で確認しておきましょう。査定金額に満足できれば契約を結び、車を引き渡します。

なるべく高く愛車を売却するためには、車内の掃除をしておくとプラス査定をしてもらえる場合があります。ごみが溜っている場合は掃除機などを使って取り除き、目に見える汚れは落としてください。ドアポケットやシートの隙間にゴミがあるケースが多いため、念入りにチェックすることも大切です。なお、汚れが深刻な場合や査定項目に記載がある場合を除き、洗車をする必要はありません。あまり査定には影響しないことが多いです。ただし、臭いには注意しましょう。煙草やペットの臭いなどがついている場合は、換気をしてできるだけ臭いを軽減させておきましょう。

また、備品を揃えることも重要です。メインの鍵だけでなく、スペアキーや取扱説明書などの付属品を用意します。少なくとも、純正の備品は全て揃えておきましょう。

車を売る時期はいつ頃がいいのか

車を売却する時期やタイミングによって、買取金額がやや変動する可能性があります。売却に適しているのは2~3月頃です。4月からライフスタイルが変わる人が多く、これに伴い車を購入する人が増加しますし、買取業者はなるべく多くの車を仕入れるために買取に力を入れるからです。

ポイント2:車を売る際に必要な書類は?

3points-to-check-before-the-assessment_002

車を売る際には様々な書類を用意しなければいけません。中には市町村役場で取得するものもあるため、なるべく早めに準備しておきましょう。また、普通自動車と軽自動車で必要な種類は異なるため気をつけてください。

普通自動車の場合

普通自動車の場合は、自動車検査証(車検証)・印鑑登録証明書・自賠責保険証明書・自動車税種別割納税証明書・リサイクル券(預託済みの場合)が必要です。また、氏名や住所に変更がある場合は住民票などの写しも必要です。書類の他には、実印も必要となります。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、自動車検査証(車検証)・自賠責保険証明書・軽自動車税納税証明書・リサイクル券(預託済みの場合)が必要です。実印ではなく認印でも売却できるため、印鑑登録証明書は不要です。ただし、シャチハタは使用できないケースが多いので注意してください。

ポイント3:どこに査定に出す?

ディーラー

ディーラーがメインに行っているのは、車の買取ではなく新車の販売です。車の売却後に新車を購入するという流れになるため、なるべく早く新車を手に入れたい方にはディーラーへの売却がおすすめです。また、売却や新車購入の手続きが同時にできるため、スムーズに契約をが進みやすいです。ただし、ディーラーでの買取は新車の購入価格から買取額が差し引かれる仕組みなので、買取額の判断が難しいという側面があります。また、高価買取を行うメリットがディーラー側にあまりないため、交渉をしても査定額の引き上げが行われることは少ないです。

中古車買取業者

中古車買取業者は、買い取った車を自動車オークションに出品する場合が多いです。自動車オークションは、車に詳しい業者間で行われるため、買取専門業者では、このオークション相場をリアルタイムで反映した適正な査定価格で車を買い取ってもらえるところが最大のメリットです。ただし、査定額は業者によって差がつきやすいため見積をとり、交渉をしてみるとよいでしょう。また、売却後に新しい車を購入したい場合は、改めて手続きを行わなければいけないので、車の乗り替えに時間と手間が少しかかることが考えられます。

3points-to-check-before-the-assessment_003

中古車販売店

中古車販売店は、買い取った車を主に一般の人に販売しています。幅広い車を扱っているため、あまり人気がない車種や走行距離が長い車でも買い取ってもらえる可能性が大きいです。また、チェーン店が増加し店舗数が多いため、比較的利用しやすいところがメリットです。地域密着型の販売店では、独自のキャンペーンを実施していることもあるので、そのタイミングで売却をするのも良いでしょう。。

まとめ

大切な愛車をスムーズに、なるべく高く売却できるように、査定に出す前には上記の3つのポイントを確認してください。車内はできる限り掃除をして、プラス査定の交渉をしてみましょう。また、必要書類を確認して不備がないようにすることも大切です。なお、査定までの流れや必要書類などで不明な点があれば、買取専門店や中古車販売店に相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)