2017.05.08買取査定

中古車の査定はどこが見られるの?買取価格が決まる基準とチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車の査定チェックポイント

 

長く乗り続けた愛車を売却するなら、できるだけ高く査定されたいものです。査定時にどこが見られるか、あらかじめ把握しておきたいのが本音でしょう。そのため、査定基準をしっかり見極めることが大切です。

そこで今回は、査定の基準と査定時に見られるポイントをご紹介します。

 

 

査定の基準とチェックポイント

買取店に査定依頼をする前に、以下の点に問題がないかチェックしておきましょう。

査定の基準と走行距離

走行距離

走行距離は車の査定において大きなウェイトを占めます。「10万㎞を超えた車は下取り価格も買取価格も大幅に下がる」といわれる通り、長い距離を走っていればその分査定額が落ちてしまう面は否めません。

 

査定における走行距離の評価では、年式とトータルの走行距離から、割り出された年間走行距離を重視します。一般的な査定基準は、普通車で約1万㎞、軽自動車で約8千㎞。つまり、この基準より高いのか低いのかが、買取価格に影響します。

 

汚れ、車体のキズなど

色あせや水垢などの汚れが目立たないよう、細かく手入れすることが大切です。

車体の汚れ以外にも、車体のキズやへこみの有無、ヘッドライト、スモールライトなどのランプ関係、アンテナの状態も査定に大きく影響します。プロの査定士が細かくチェックするため、些細なキズや汚れもごまかせないと思ってお手入れしましょう。

 

内装やオプション、装備など

シートや足元のマット部分、インターパネルやコンソール、オーディオ類などの内装の状態や機能も重視されるポイントです。劣化がひどく、大がかりな修繕や改良、設備の交換などが必要と判断されれば、買取価格の大幅なダウンも考えられます。

 

車のエンジンやコアパーツそのものに異常やトラブルが見られなくても、エアコンの不具合1つで評価が落ちてしまうのが中古車の査定というものです。また、最近ではカーナビ付きの車が多く、購入時に付いていたカーナビが売却時に取り除かれている場合は、査定のマイナスは避けられないでしょう。

エンジン、走行の具合

エンジン回りやオイル、ベルト、ラジエーターの状態なども細かくチェックされます。車のプロが査定を行うため、ちょっとしたエンジン音の異常でも査定に影響します。

また、エンジン部分に改良や修復を加えた履歴がある場合は、報告が必要です。誠実な姿勢が、プラス査定につながる可能性もあるので注意しましょう。

 

エンジンルームには、車台番号と呼ばれる車ごとに割り当てられた、固有の識別番号が記載されています。車台番号に移植や改ざんなどがあれば、マイナス査定どころか犯罪に該当します。その場合は、買取が拒否される点もしっかり頭に入れておいてください。

 

車検切れはほぼ関係なし

車検切れ車を査定に出す際、「少しでも高く売るには、車検を通した方が有利だろう」と考える方もいますが、査定前の車検はあまりおすすめできません。なぜなら、車検の残余期間や車検切れ状態などは査定に大きく影響せず、余計な費用負担となるためです。

 

車検前の車を売却すれば、そのコストは店が負担することになりますが、中古車買取店からすればこれはほとんど無視していいコストといわれます。そのため、車検のことはあまり気にしないで査定を依頼しましょう。

→車検切れならラビットの出張査定

 

 

おわりに

中古車の売却は、査定で重要とされるポイントをしっかり押さえて買取店に依頼することが肝心です。それと同時に、信頼できる買取店を選ぶことも同じくらい大切です。買取店によって価格設定の基準が異なり、同じ車でも査定額に差が生じるケースは珍しくありません。

サービスが充実していて、かつノウハウもしっかりした買取店であれば高額買取も期待できるため、買取店探しも重視して査定に臨みましょう。

 

ラビットの買取査定

ラビットは中古車買取のプロフェッショナル。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取を実現しています。大切な愛車だからこそ「高く売りたい!」と思ったら、ラビットの無料査定にお気軽にお問合せください。愛車の高価買取価格をお調べいたします。

⇒ラビットの車買取査定はこちら

⇒出張買取査定をご希望の方はこちら
<RC-00034>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)