2017.04.13中古車購入お役立ち情報

車の買い替えたくなるタイミングは走行距離?税金?よくある事例を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の買い替えたくなるタイミング

大切に乗り続けた愛車ほど、買い替えるタイミングについて悩みがちです。まだ乗れる車だとしても、早めに買い替えることが推奨される場合もあるでしょう。

そこで今回は、「走行距離」「税金」といった気になるトピックスと照らし合わせながら、車を買い替えるタイミングについてご紹介します。

 

買い替えたくなるタイミングは走行距離?買い替えに適した距離数とは?

タイミングは走行距離車を買い替える時期は人によってさまざまですが、走行距離を1つの目安に考えている方は多いでしょう。よくある事例と合わせて、おすすめの買い替えタイミングをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でよく言われるのが「10万km限界説」

「車は10万km走って買い替えるのがベスト」という説がよく聞かれます。新車購入した車でも10万kmも走れば燃費や性能が落ちる上、部品の交換などのメンテナンス費用がかさむため、買い替えるならこのタイミングで、という考え方です。

しかし、ドライブに適した平地の面積が広いアメリカやヨーロッパでは、20万km以上走った日本製の中古車が売られていることも少なくありません。国内では、あくまで一般論として目安にしている方が多いということでしょう。

 

売却額を考慮するなら5万km未満で買い替えを

メンテナンスを怠らず丁寧に乗り続ければ10万km走った車でもまだまだ乗れる、というのが現在の車の走行距離に関する一般的な考え方です。しかし、10万km以上走っている車は下取りに出した際に価値が低くなり、場合によってはゼロ査定になることもあります。

一方で5万kmに達していない車は市場の買い手も付きやすく、下取りでも買取でも高値で取引される見込みが高くなります。 すぐに買い替えることを前提に購入した車であれば、4万km台のタイミングで次の車にチェンジするのがベストでしょう。

 

買い替えたくなるタイミングは税金?還付金の有無は要チェック?

タイミングは税金車を買い替えるタイミングとして、税金の支払いが発生するかどうかは大切なポイントです。タイミングによっては還付金も発生するため、事前によく理解しておくことが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【自動車税】年度末の3月までに買い替える

下取りに出したり買い取ってもらったりして、廃車の手続きが行われずに名義変更だけが行われる場合、その年度の4月1日時点での所有者に課税されます。そのため、年度末の3月中に名義変更が完了していれば、翌年度の自動車税を支払う義務は発生しません。

とは言え、自動車税を支払った後に売却する場合は、売却時の査定額に還付金が上乗せされるのが一般的なため、金額的にお得というよりは、納税の手続きなどが省けることがメリットと言えるでしょう。

 

【自動車重量税】車検の時期に合わせて買い替える

車検の回数を重ねるたびに費用が増していくことから、長く乗っている車のオーナーほど、車検のたびに買い替えるかどうか悩む傾向があるようです。また、自動車重量税も車検タイミングに合わせて前払いで2年分納める必要があることから、分かりやすい区切りとして車検の前に乗り換える方が多いと言えます。

車検の有効期間が長く残っている場合であっても、下取りや買取の際の交渉材料として利用することが可能です。

 

還付金について

乗らない車をディーラーなどに引き渡し、廃車の手続きが行われれば、税金が月割課税として計算し直されるため、還付金が発生します。

ただし、ディーラーの下取りや買取業者の買取については、廃車の手続きを行う代わりに査定金額に還付金を上乗せして還元することが一般的なため、還付金請求の手続きなどは不要となるケースが多いようです。

査定額に納得できない場合は、還付金が売却価格に含まれているか、含まれない場合は還付金が受け取れるのか(廃車の手続きを行ってくれるのか)確認してみましょう。

 

おわりに

今回ご紹介した走行距離や税金に関係するタイミングはもちろん、ローンの支払いが終わった時など、車の買い替えタイミングはさまざまかと思われます。新車や中古車を購入する時点から頭の片隅に置いておくことで、買い替えの絶好のチャンスを見逃さないようしましょう。

 

<RC-00045>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)