2017.11.01買取査定

特別仕様車や限定車とは?買取査定に違いはあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特別仕様車や限定車とは車の買取査定において気になるポイントはいくつもありますが、「特別仕様車と限定車ではどちらが高く売却できるのか?」「買取査定に違いはあるの?」などのような疑問を持っている方もいるでしょう。特別や限定という響きがあると、高く売れるのではないかと期待する方も多いはず。

そこで今回は、特別仕様車と限定車の違い、両者の買取査定の違いについてご紹介します。

特別仕様車・限定車ってどんな車?

特別仕様車や限定車とは、すでに売っている車種に付加価値をつけて販売しているお得な車です。車の性能に目立った変更点はなく、通常の車にはないオプションを追加してグレードアップする場合があります。

また、普通は入手できない限定カラーの発売、有名デザイナーとコラボした車種を発売するケースなどさまざまです。

 

特別仕様車の販売に隠された戦略

特別仕様車の販売に隠された戦略特別仕様車や限定車の販売背景には、メーカーの戦略が含まれています。新しいモデルを販売してから数年後や、販売台数や販売年数の節目などタイミングを見計らって特別仕様車を発表するのです。

市場調査もかねてボディカラーを今までにない色にして売れ行きの確認、話題作りのために有名なモデルとタイアップした限定モデルの販売など、打ち出される戦略もさまざまなものがあります。また、売り上げアップをにらんだ季節限定車や、各地域のディーラーによる地域限定車などもあるでしょう。

話題作りや販売促進を目的に販売される場合が多い上に、お買い得なモデルでもあるため、人気車種の台数限定の車は早く売り切れる傾向にあります。

 

 

特別仕様車と限定車の違い

特別仕様車と限定車の違い特別仕様車と限定車の違いは、各メーカーによって定義が異なります。例えば、マツダのホームページを見ると、限定車は限定台数や期間を定めて生産しているモデルで、特別仕様車は台数や期間を定めずに生産しているモデルです。

しかし、ホンダのホームページでは、特別仕様車とは販売期間や台数を限定して発売されるモデルとなっています。このようにメーカーごとに言葉の定義は違いますが、共通しているのは、販売期間や台数が制限されているかどうかの違いといえるでしょう。

 

買取価格に違いはあるのか?

特別仕様車と限定車、特別や限定と銘打たれると「高く売れる」と思う方もいるのではないでしょうか。実際に限定仕様車は高く売れる傾向にあるのですが、特別仕様車の場合はそうとは限りません。

ここでは、買取価格の違いについてご紹介します。

 

特別仕様車は高い値段がつきにくい

特別仕様車はベースモデルと同じ価格で、装備、上級グレードのオプションをつけられるため、購入する際はお得な車です。しかし、売る場合は必ずしも査定額が高くなるとは限りません。特別だから高く売れると思うかもしれませんが、実際はベースモデルを基準に査定しているため、特別仕様はそれほど査定に響かないのです。

 

オリジナル性が高い特別仕様車は、中古市場においてそれほど人気があるわけではありません。また、見る人によっては古さを感じるため、なかなか買い手がつきにくい傾向があるようです。特別仕様車には、装備やオプションを武器に人気が下がってきたモデルの活性化を狙う目的があります。

このような理由があるため、査定額が特別高くなる傾向はありません。

ただし、それでも下取りに出すより買取に出したほうが高く売却できるでしょう。

 

限定車は高額査定の可能性大

日本人は限定と名がつくものに弱い傾向があるため、限定車は中古販売市場において需要が高いとされています。そのような理由から一般的に限定車は希少価値が高いとされ、高額査定が期待できるのではないでしょうか。

 

おわりに

今回は特別仕様車と限定車の定義や買取価格の違いについてご紹介しました。

「特別」「限定」とつけば高い価格で売れると思い込みがちですが、特別車はそうではありません。また、限定車は高い値段がつく可能性が高いのですが、下取りに出すか買取にするか売却の方法で額に違いが生じる点に注意しましょう。

 

<記事NO.RC‐00123>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)