2018.07.02豆知識

ガソリンを節約する方法は?エコ運転で車の燃費を抑えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガソリンを節約する車を運転するときに、ガソリンなどの燃費を節約する「エコ運転」について考慮するのは、家庭内で水光熱を節約するのと同じくらい大切なこと。燃費が抑えられれば、ガソリン代も節約することが可能です。ここでは、少しでもお得にドライブを楽しむために、ガソリンを節約できる運転方法やコツなどについてご紹介します。

 

 

ドライブ中に燃費を節約するポイント

車に乗っているほとんどの時間はガソリンを使用します。まずは、発進時や走行中に意識したい、燃費が節約できるポイントを見ていきましょう。

 

アクセルはふわりと踏み、ゆるやかにスタート

エンジンをかけて発進する際は、スタートダッシュをせず、ゆるやかにアクセルを踏むようにしましょう。車種によって多少の差はありますが、1割程度の燃費が節約できます。エンジンの空ぶかしや急発進など、エンジンを急に動かす動作はガソリンを消耗しやすく、燃費の悪い運転癖といえます。

 

荒い運転を見直すだけでもエコ運転に

スピードを上げてはブレーキをかけ、あおるように車間距離を詰めて運転したり、加速と減速を必要以上に繰り返したりすると燃費が悪くなる可能性があります。荒い運転をしがちな方は、できるだけ一定の速度で運転することを心掛けましょう。運転の癖を見直すだけでもエコな運転に近づくうえ、安全運転にもつながります。

 

 

運転中以外で見直すべき点は?

停車中や車内の状況など、運転技術以外に燃費を節約できるポイントはあるのでしょうか。

 

駐車中、停車中はアイドリングを切っておく

アイドリングを切っておく1人車内で休憩を取ったり送迎などで一時停車したりするなど、運転していないときにアイドリングを切ることは燃費の節約になります。5秒以上駐車する場合、アイドリングは切るようにしましょう。また、夏や冬には冷暖房を効かせ過ぎないことも大切です。特に真夏の炎天下には駐車時にシートをかぶせたり、できるだけ日光の当たらない場所を選んで駐車したり、乗車直後は窓を開けて換気をしてから冷房を入れるなど、エアコンを使い過ぎずに済むように工夫しましょう。

 

トランクや後部座席に余分な荷物を置かない

釣りやキャンプ、スノーボードなど、アウトドアに出掛けることの多い方は、車に余分な荷物を積んだままにしていないかチェックしてください。積載重量は軽い方が走行時の燃費が良くなります。シーズンオフや街乗り時には、面倒でもその都度荷物を整理して、余分なものを積みっぱなしにしないことがエコ運転するためには大切です。

 

 

ガソリン節約を習慣にするために

燃費を抑えるために気をつけているつもりでも、普段の習慣がエコな運転を続ける邪魔をすることがあります。普段の習慣を見直してみることが、燃費の節約につながります。

 

時間には余裕を持って行動する

「遅刻しそうだ」「時間がない」と焦っているときは、注意しているつもりでもついついスピードを出し過ぎ、細かく加速してはブレーキをかけるような運転をしてしまいがちです。普段から時間に余裕を持ち、丁寧な運転を心掛けてください。

初めて行く場所や目的地なら、事前に経路を確認して、迷うことなく最短距離で移動できるように計画することも節約につながります。また、渋滞を避けることでも燃費を抑えることが可能です。出発前に、交通情報も確認しましょう。

 

毎月の燃費をチェックする

毎月の燃費をチェックする節約をしているつもりでも、どの行動がどの程度ガソリン代に反映しているのかが分からないと、節約している手応えを感じにくいもの。毎月の移動距離とガソリン代を家計簿にプラスするなどして、日ごろから燃費についてある程度理解しておくことも必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

今回は、少しでもお得にドライブを楽しむために、ガソリンを節約できる運転方法やコツをご紹介しました。

無駄な加速や減速を繰り返してしまうと、無駄にガソリンを消費してしまう可能性があります。燃費を抑え、ガソリン代を節約するには、丁寧な運転が大切です。燃費の節約はお得にドライブできるだけでなく、安全や環境を守るという大きなメリットもあるため、ぜひエコ運転を心掛けましょう。

 

<記事NO.RC‐00182>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)