2017.04.06買取査定お役立ち情報

ディーラーの下取り価格で決めないで!車の売却は買取店がおすすめな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディーラーの下取り価格で決めない

車の買い換えを検討する際は、安易に「下取りで良いだろう」と考えていませんか?価格相場に関する情報も不十分なまま、ディーラーのセールストークだけで判断して売却してしまうと後悔につながることもあります。
そこで今回は、車の売却に買取店がおすすめの理由と下取りする際の注意点を合わせてご紹介します。

 

そもそも、ディーラーは買取りのプロではない

ディーラーは買取りのプロではない自動車販売店のディーラーは新車を販売するのが主な仕事です。あくまで新車を売って収益を上げるのが最大の目的であり、車の下取りは新車を購入させるためのステップに過ぎません。そのため、専門の業者とはスタンスが根本から異なり、中古車を買い取った後により高く売ることで利益を生み出すという仕組みはありません。

それらの事情から、ディーラーは査定額で「買取店と勝負する」必要がないのです。そもそも戦うフィールドが異なっていると考えて良いでしょう。この点を、ユーザー側はしっかり理解する必要があります。

 

 

sell_appraise_btn

 

ディーラーへの売却で注意したいこと

ディーラーは車の買取りが専門ではないと言っても、下取りサービスをおろそかにしているという意味ではありません。「下取り」は新車をスムーズに売るために考えられたシステムでもあるため、ディーラー側は下取りのメリットを強調したトークを展開してユーザーの心をくすぐります。

とは言え、買取業者に価格では勝負できないため、ディーラーによっては「下取り価格を上げられない代わりに新車のオプションなどの現物で還元させてほしい」と持ちかけてくることがあります。他のディーラーや買取店に売却することも検討して、自分にとって本当に価値が高いと考えられる売却先を選択する必要があります。

sell_appraise_btn

 

買取りがおすすめな理由

買取りがおすすめな理由ディーラーの下取りでは売却と同時に新車が手に入り、買取店はお店によっては代車の手配ができない場合があります。しかし「少しでも高く売却したい」という方には以下の理由から買取店がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

社外パーツもプラス査定!

社外パーツが取り付けられた車は高く売れないと思っていませんか?もちろん純正品パーツを外した場合は保管しておいた方が良いですが、プラス査定を積極的に導入している業者では、社外パーツを取り付けた車でもマイナスにならず、査定額に加味して取引してくれるケースがあります。取り付けたパーツの種類や性質にもよりますが、カスタムされた車でも査定に出しやすいところは魅力です。

 

オークション業者との連携

買取店の中には、オークション会社と連携して販売環境を強化しているところもあります。オークション会社とパイプを持つことの強みは、豊富な市場データを基に適正な価格評価ができる点でしょう。市場価格と照らし合わせ、利益の出るギリギリの値段まで高く引き上げることも可能です。ディーラーにはない中古車販売ネットワークの利点が生かせます。

 

出張買取りやネット査定など、便利なサービス

業者が自宅まで来てくれる出張買取りサービスを利用すれば、負担もかからず、忙しい方にも優しく便利。また、前もって大まかな評価額を知ることもできます。ユーザー目線で、それぞれのライフスタイルに合わせたサービスを提供してくれるところも買取店が選ばれる理由でしょう。

 

sell_appraise_btn

 

おわりに

車の売却は、ディーラーを選ぶか買取店を選ぶかで価格に大きな差が生じることが少なくありません。
ディーラーは買取りのプロではないため、「愛車をできるだけ高く売る」という目的にこだわる場合は、買取専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

sell_appraise_btn

 

<RC-00043>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)