2018.02.12買取査定

売却するときのコツは?車買取の査定額をアップさせる交渉術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車買取の査定額をアップさせる交渉術車の売却をするときに、少しでも高く売りたいと考える方も多いでしょう。実は、車買取の査定額は交渉の仕方や、ちょっとした準備と工夫で上がる可能性があるものです。そこで今回は、車買取の査定額をアップさせる交渉術についてご紹介します。

 

 

【売却時のコツ1】必要書類の確認を!

必要書類の確認買取の際に必要な書類を揃えておくべきなのは、当然のことでしょう。しかし、必要書類以外にも用意しておけば査定額がアップする可能性の高いものがあります。

それは以下の2点です。

 

・各種取扱説明書

・定期点検整備記録簿(整備手帳)

 

また、上記以外にもオイル交換時に貼ってもらったシールなども査定時に見てもらえるでしょう。

 

【売却時のコツ2】買取実績や口コミを見ておく

自分が乗っている車種が、過去にどの程度の価格で買取されたのか、事前に知っておくことも大切です。具体的な方法としては、買取市場全体の評価額を調べたり、インターネット上の買取に関する口コミを見たりなどでしょう。

また、おおよその評価額を把握していれば、買取店での交渉もスムーズに進みます。

 

タイミングはいつがベスト?

買取査定において、どのタイミングがベストか耳にしたことはありますでしょうか。

実は、車の査定額に特別な「旬」というものはありません。

一般的には、新社会人の入社や引っ越しの関係で、新生活の始まりである2月から5月にかけて多くの買取店が活発に動くといわれています。

しかし、現在では中古車のおよそ40%が海外に輸出されているのです。そのため、買取時期に関係なく、一定水準の価格を保って査定されるケースが多くみられます。

また、モデルチェンジなどのタイミングで大きく査定額が下がってしまうことも少なくないでしょう。以上のことから、売ると決めたらできる限り早く買い取ってもらうことを心掛けたほうが良いかもしれませんね。

 

 

【売却時のコツ3】車の良いところをアピール

車の良いところをアピール買取店が車を査定する場合、車のさまざまな部分を見たあとに査定額を提示しています。車の点検と同じ箇所を見ているのですが、車検ほど細かい部分まではチェックしていないでしょう。だからこそ、査定では分かりにくい車の良い部分を積極的にアピールすれば、査定額のアップを狙えます。

 

 

 

 

 

査定のプラスになることって?

車の良いところをアピールするといっても、どのような部分を伝えれば良いのかよく分からないという方は、以下のポイントを参考にしてください。

 

・ディーラーの記録簿が保管されている

・純正のパーツを付けている

・タイヤ交換したばかりで新品

・カーナビやスピーカーが問題なく使用できることを見せる

・定期的にオイル交換をしている

 

これらの条件がそろっていれば、装備面や整備面などでプラス材料としてアピールできます。その他にも、車に愛着を持ち大切に扱ってきたことを伝えましょう。

 

 

車を売り込むようなスタンスで交渉に臨む

車の良い部分をアピールするだけではなく、交渉時の姿勢や喋(しゃべ)り方にも気を配りましょう。例えば、人懐っこいトークを意識して買取店と接してみてください。こちらがフレンドリーに接すれば、相手の態度も軟化しやすく、良い条件が引き出せるかもしれません。査定額を少しでも上げるには、「車を売る」ではなく「車を売り込む」という営業のようなスタンスを持つことも大切です。

 

おわりに

売却時のコツとしては、必要書類を確認しておく、買取実績や口コミを参考にする、車の良い点をアピールするなどがあります。

モデルチェンジ前とモデルチェンジ後では査定額が大きく変動することもあります。そのため、売却を視野に入れている方は可能な限り早めに手放すことも考えてみても良いかもしれません。

 

<記事NO.RC‐00145>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)