2017.02.13中古車購入

新車購入で後悔していませんか?購入前に注意すべきポイント3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新車購入前に注意すべきポイント

新しく車を購入するのは、いくつになっても楽しいもの。車種や内装、装備など、自分好みの仕様を考えながら思いを巡らしていると、その楽しみもひとしおです。しかし、だからこそ、購入した新車が思った通りのパフォーマンスを見せてくれなかったり、欠点ばかり目立つようになってしまったりすれば後悔も大きくなります。

 

そこで今回は、購入してから後悔しないために注意したい3つのポイントについてまとめました。

 

 

ローンに圧迫されないために!しっかりとした資金計画を

しっかりとした資金計画新車購入後、意外と多く聞かれるのがお金に関する後悔。特にローンの返済が大変になったというケースが多数です。

ローン返済は、新車の購入費用を月ごとに一定額ずつ返済していく支払い方法です。月々の支払額が多くないため負担が軽く感じられがちですが、住宅ローンや学資ローンなどと重なると、返済が一気に重くなります。

 

また、後の状況に柔軟に対応できない点にも注意が必要です。例えば、転職や失業などで収入が減少すると、軽かったはずの負担が一気に重くなってしまいます。場合によっては、せっかく手に入れた新車をすぐ手放さなければならない事態に陥りかねません。そのようなことにならないために、現在の収入・貯金など将来の見通しまで考慮したうえで、資金計画を立てましょう。

 

 

新車の購入時期を見計らおう

新車の購入時期特に新車に不満がなかったとしても、たまたま店頭で見かけた同車種の価格が、購入価格よりも安いとがっかりしてしまうもの。このような事態にならないためには、新車の購入のタイミングを見計らうのが肝要です。

 

一般的に、新車の購入に適していると言われているのが、意外なことに世の中の景気があまり良くないときです。景気が悪いときは家計も厳しくなりますが、企業も売り上げを落とせないため、値下げして新車の販売台数を増やそうという動きが活発になるからです。また、景気が失速すれば金利も引き下げられるため、ローンを組む際も有利に働きます。

 

メーカーの決算期直前も値下げが行われやすい期間とされています。それは、企業側に少しでも販売成績を良くしようと言う動機が働くためです。日本の場合、多くの自動車メーカーは3月末に本決算を行っています。そのため、決算直前の2月から3月にかけては大きな値下げを期待できます。

 

その他では、車のモデルチェンジ後も値下げの行われやすい期間です。型落ちとなった旧車種は高い確率で値下げされます。決して頻繁にモデルチェンジが行われるわけではないですし、最新の車種にこだわりがないなら狙っても良い選択肢でしょう。

 

事前に用途をしっかり確認しておこう

「年に1度しか行かないキャンプのために、不必要に大きな車を買ってしまった」「若気の至りで派手な色のスポーツカーを買ってしまって持て余している」など、車の大きさやボディカラーの選択ミスに関する後悔はよく聞く話です。あなたの購入予定の新車は必要以上に大きかったり、ボディカラーが派手すぎたりはしていないでしょうか?もう1度、購入後の使用用途を確認しておきましょう。

 

また、現在の家族構成とライフスタイルだけではなく、近い将来の家族構成やライフスタイルも見据えると、こういった後悔をするリスクを減らすことができます。

 

 

おわりに

今回は、新車購入時に失敗や後悔を防ぐための3つのポイントについてご紹介しました。

決して安くはない買い物だからこそ、新車は厳選し、後悔は避けたいもの。上述した注意事項をきちんと確認し、実践すれば、後悔する確率は大きく減るはずです。

 

また、それ以外にも新車購入では他人の意見に耳を傾けるのも重要。家族だけではなく、担当者とも綿密に話し合いながら新車を選ぶと良いでしょう。

 

<RC-00019>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)