2018.07.30ドライブ

【日帰り版】女子旅ドライブ!関東でおすすめのフォトジェニックスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子旅ドライブ関東フォトジェニックスポット女性同士のドライブには、恋人と行く旅行とは違った楽しさがあります。親しい友人と出掛けると、日頃の疲れも吹き飛ぶでしょう。今回は、都内から日帰りできる距離で、十分に旅行気分を味わえるドライブコースを2コースご紹介します。気分をリフレッシュできる上に、フォトジェニックスポットが盛りだくさんです。

 

 

茨城県東側(ひたちなか~大洗~神栖)

都内から車で約1時間50分。太平洋に面した茨城県の東側は、かつて「常陸国」とよばれた地域です。新鮮な魚介類に恵まれ、四季折々の海の幸を味わうことができます。おすすめのルートですが、まず常盤自動車道を経由して、一度北東部の水戸市まで出ます。そして北から海岸線を南下しながら観光地に立ち寄るコースです。北から南下することにより、帰途のドライブが楽になります。

 

ひたちなか市

県の中央部に位置するひたちなか市には、遺跡や植物公園など、写真撮影におすすめの場所がたくさんあります。白亜紀終末期の岩礁群がみられる海岸や、彩色壁画として知られる虎塚古墳など、さまざまな古代の遺跡が残されています。歴史に興味がある方なら、飽きずに散策ができるでしょう。

 

植物を観賞したいなら、国営ひたち海浜公園が最適です。約200haもの広大な敷地に、季節を彩る花々が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませてくれます。園内は「みはらしエリア」「草原エリア」など7つのエリアに分かれており、撮影スポットが盛りだくさんです。

 

 

大洗町

大洗町大洗町は、海水浴やサーフィンの中心地として知られています。歴史は古く、平安時代、東北地方と江戸を結ぶ水運の中継地として栄えていました。町内の大洗磯前神社には、徳川光圀公と綱篠公より寄贈されたという本殿と拝殿があり、県の文化財に指定されています。夕方、海に沈む夕日をバックに、神磯の鳥居がたたずむ光景は、息をのむ美しさで、まさにフォトジェニックスポット。

 

神栖市

大洗をさらに南下すると、神栖市に入ります。長い海岸線には海水浴場や散策に最適なスポットがたくさん。中でも波崎ウィンドファームは、最近話題を集めている風力発電施設で、市のシンボルとして有名です。海岸線に約3kmわたって12基もの風車が並ぶ壮観な光景は、テレビドラマや映画のロケーションとしても使用されています。道路沿いには、小さな展望台もあり、12基の風車と太平洋の大パノラマを一望できるロケーションです。

 

埼玉県(長瀞・秩父)

都内から車で約1時間40分。関越自動車道を利用し、花園ICから一般道(国道140号)を走り、埼玉北東部から秩父地方へと向かうルートです。道中には長瀞、武甲山、秩父湖などの美しい景観が続くことから、「日本の道100選」に選ばれています。

 

長瀞

長瀞観光名所の多い長瀞では、まず2つの撮影スポットを押さえましょう。

1つ目は、隆起した結晶片岩が作り上げた自然岩石「岩畳」です。国指定名勝の天然記念物であり、西岸(左岸)幅80m、長さ500mにわたって変成岩石が続きます。荒川を挟み、対岸(右岸)には秩父赤壁とよばれる岩壁や、明神の滝があります。両岸と荒川の流れとが一体となり、素晴らしい景観を作り出しています。

 

2つ目は「宝登山神社」です。宝登山の山麓に建ち、三峯神社、秩父神社と並んで、秩父三社の1つに数えられる名山。1900年の歴史を誇り、火災盗難よけ・諸難よけの守護神として御神徳が高いことから、年間を通して多くの参詣者が訪れます。2011年には『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で星1つを獲得しています。社殿は、極彩色豊な美しい彫刻が施され、その模様に見入る観光客も少なくありません。大きな神社ではありませんが、運気あふれるパワースポットとしても有名です。社殿をはじめとして、藤谷淵神社や玉の泉も忘れずに参詣しましょう。

武甲山

標高1304m、奥武蔵のシンボルとして名高い名峰・武甲山。その勇壮な姿は、車窓からもみることができますが、フォトジェニックな写真を撮るなら、寺坂棚田が一押しです。寺坂棚田は武甲山の北麓に位置し、面積が東京ドームと同じ4haほどもある埼玉県最大級の棚田です。

ノスタルジックな棚田と圧倒的な存在感を有する武甲山、そして三菱マテリアル横瀬工場。この自然と近代的なセメントの建造物が見事に融合するコントラストは、ぜひとも記念の一枚に収めておきたいところです。

 

三十槌の氷柱

冬に訪れたい名所が、三十槌の氷柱です。秩父市の中心街から奥秩父へと車を走らせると、人気のない山奥に三十槌の氷柱が現れます。川に沿ってそびえ立つ岩肌からは、凍った岩清水の氷柱が、鋭い刃のように伸びています。高さ10m、幅約50mにも成長する氷柱の連なりは、自然が作り出した氷のオブジェさながら。ステキな写真が撮れること間違いありません。

例年1月上旬~2月下旬まで、夜間のライトアップの演出がなされ、昼間の迫力ある景色とは違った、神秘的な雰囲気を味わうことができます。

 

おわりに

今回は、日帰りで女子旅ドライブができる関東でおすすめのフォトジェニックスポットをご紹介しました。

いずれも都内からわずか2時間程度で、「非日常」を体験できます。広がる空、爽やかな風、雄大な山々、真っ赤な夕日……どれもフォトジェニックスポット。女子旅で盛り上がること間違いありません。

 

<記事NO.RC‐00191>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)