2018.10.11豆知識

自動車のナンバープレートを変更したい!希望のナンバーへの変更方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車のナンバープレートを変更したい遠方へ引っ越しするときくらいしか変更手続きをする機会がないナンバープレート。

実は番号が気に入らない場合も、所定の手続きを踏めば希望のナンバーへ変更することが可能です。

そこで今回は、車のナンバープレートを希望のナンバーへ変更する方法についてご紹介します。

 

 

車のナンバーを変更できる「希望ナンバー」とは

「希望ナンバー」とは自動車につけるナンバープレートの番号を、自分の好きな番号にできる制度を「希望ナンバー制(希望番号制度)」といいます。希望ナンバー制により、ナンバープレートに刻まれる数字を希望の数字に選択することが可能です。

 

 

 

 

 

希望のナンバーにするには申請が必要

現在のナンバープレートを自分が希望するナンバーへ変更したい場合は、まずは全国自動車標板協議会へ申請する必要があります。申請方法は直接窓口へ行って申し込む方法と、インターネットから申し込む方法の2種類あります。

 

希望ナンバー制が適用外の車両もあるので注意

希望ナンバーはすべての車両に適用されるわけではなく、申請できる車の種類が決まっています。2018年8月現在、事業用の軽自動車とバイクは対象外となっているため、注意しましょう。それ以外の自動車、自家用の軽自動車は希望ナンバー制度への申請が可能です。

 

希望通りに決められるとは限らない

「希望ナンバー」とはいえ、すべての方が自由にナンバーを決められるわけではありません。

希望ナンバーには「一般希望番号」と「抽選対象希望番号」の2つに分けられます。

「7777」のような人気のある番号を希望する場合、抽選を受けて当選する必要があります。自分の希望した番号が抽選対象になっていない場合は、抽選を受けず自由に変更することが可能です。

 

希望ナンバーで変更できるもの

変更できるのは4桁の数字のみ

変更できるのは4桁の数字のみ希望ナンバーで変更できるのは、4桁数字の部分のみです。地域名を登録住所とは別の場所にすることや、地域名の横にある数字を変更することはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

地名表記やプレートのデザインが変えられる「ご当地ナンバー」

地域名を変更することはできませんが、一部例外があります。それは、「ご当地ナンバー」と呼ばれるものです。一般的にナンバープレートに表記される地域名は、利用者の登録住所を管轄する運輸支局がある地域になります。

しかし、近年復興を目的として、運輸支局がない地域名の記載が許可されました。例えば、山梨県富士吉田市や南都留郡、静岡県の富士宮氏、富士市などが該当する「富士山」という表示はご当地ナンバーにあたります。ご当地ナンバーに該当する地域にお住まいの方は、地域名をご当地ナンバーへ変更することが可能です。

 

その他にも、地域限定のデザインプレートへプレートを変更することができます。限られた地域にしかないものですが、ご当地キャラクターや名産品などが描かれていて注目を集めています。これも登録住所が対象の場合のみ、変更が可能です。

 

 

希望ナンバーにするために必要な書類と費用

希望ナンバーへの変更が完了するまでに、どのような書類や費用が必要なのでしょうか。

 

申請に必要な書類

希望ナンバー変更の申請には、以下の書類が必要となります。

・希望番号予約済証(予約センターで事前に予約が必要)

・車検証

・自動車検査証記入申請書

・現在のナンバープレート

・自動車税申告書

・印鑑(使用者のもの)

 

希望ナンバーの申請や番号抽選の応募は全国自動車標板協議会へインターネットからできますが、予約済証の受け取りには窓口へ行く必要があります。また、希望ナンバーへ変更する実際の手続きは管轄の陸運局で行います。変更手続きは予約済証交付から1カ月以内に行う必要があるため、余裕をもって申請するようにしましょう。

 

申請にかかる料金

希望ナンバーへ変更する際には、交付手数料がかかります。ナンバーが光る字光タイプかペイントタイプか、ナンバーを変更する車両の大きさ、地域によっても費用は変わってきます。いずれの場合も通常より1,500~3,000円程度割高となりますが、字光タイプへ変更する場合は別途フレームも購入する必要があります。フレーム代にも種類によって差があるため、総額で10,000~20,000円程度は見積もっておきましょう。

 

おわりに

今回はナンバープレートを希望のナンバーに変更する方法についてご紹介しました。

少し手間と費用はかかりますが、こだわりのある愛車に自分で考えたナンバーが付けられるのはうれしいですよね。自分の住んでいる地域にご当地ナンバーがあるかどうかも、調べてみると良いかもしれません。

 

<記事NO.RC‐00214>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)