2017.07.03買取査定お役立ち情報

軽自動車は売却価格が高い?買取査定で人気が高い理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽自動車は売却価格が高い低価格で低燃費、小回りが利いて走りやすいことで知られる軽自動車。セダンやスポーツカーよりお得な価格で購入できる上に、実は売るときは高く売却できることをご存じでしょうか。そこで今回は、軽自動車が中古車市場で人気がある理由についてご紹介します。

 

 

軽自動車が高く売れる理由

高く売れる理由最近の国内自動車市場では、軽自動車の人気が高いといわれています。軽自動車といえば、少し前までは女性や高齢者が乗っているイメージでしたが、今では男性でも購入する方が増えています。どうして普通車よりも、軽自動車が多くの方に受け入れられているのか。それは、以下に挙げられるように軽自動車には長所が数多くあるためです。

 

 

 

 

 

・新車でも低価格で購入できる

・燃費が良く、環境にもやさしい

・小回りが利いて運転も楽

・大きな車が苦手な方にピッタリ

・1人暮らしにちょうど良い

・税金が安い

・デザインとフォルムがお洒落

 

「価格」「燃費」「走り心地」「デザイン」など、さまざまな面で軽自動車は高く評価されています。このようにメリットの多い軽自動車のため、老若男女問わず購入する方が増えていることにも納得です。つまり、軽自動車の需要の高さが売却価格を押し上げていると考えられます。

 

 

軽自動車の人気車種

軽自動車の中でも人気が集中する車種といえば、ホンダ「NBOX」、ダイハツ「ムーヴ」「タント」、スズキ「ワゴンR」「スペーシア」などです。これらの人気車種を中古車買取店の査定に出せば、高額な査定が期待できるでしょう。

 

売却時の価格が、購入価格の何%かを表示する数字をリセールバリューと呼びます。例えば普通車のセダンの場合、3年後のリセールバリューは50%前後であるのに対して、軽自動車は低くて50%、高くて70%だといわれています。つまり、100万円で購入した軽自動車が3年経過しても70万円で売れる可能性もあるのです。先に紹介した人気車種NBOXやムーヴなどは、年数が経過しても比較的高い価格で売れる傾向にあります。

 

軽自動車をさらに高く売るには?

高く売るには中古車市場で高く評価されていますが、自分の愛車をさらに高く売るにはどうすれば良いでしょうか。そのポイントを以下にまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

下取りに出さない

車の売却方法には2種類あり、1つは下取りで、もう1つは中古車買取店への売却です。下取りは、新車の購入の際、もともと持っている車をディーラーに査定してもらい、その査定価格の分を新車購入の資金に回せる売却方法ですが、買取店と比べると査定価格は低いといわれています。

 

そもそも、ディーラーは中古車を販売して収益を上げるシステムではないため、それに向けた投資には消極的です。ディーラーに下取りを頼んでも、思ったような査定価格は見込めないと考えて良いでしょう。

 

市場価格を知っておく

軽自動車の売却先も、おすすめできるのはやはり中古車販売のノウハウを持つ買取店です。その中でも、中古車市場の情報を豊富に持っている買取店を選んで交渉すると、高額での取引も可能となるでしょう。

 

中古車市場は変動相場のため、常に価格は値動きしています。その情報をリアルタイムでつかめる買取店であればベストです。オークション市場を自社で抱え持つ場合は、まさにその条件に適合しています。このような視点で買取店を選ぶことも、自分に有利な査定価格で愛車を売ることにつながるでしょう。

 

おわりに

今回は、軽自動車が中古車市場で人気がある理由についてご紹介しました。価格や燃費性能の高さ、税金の安さなどさまざまなメリットがあるため、高いニーズを維持し続ける限り、中古車市場における軽自動車の価値が下がることはないでしょう。しかし、好材料がそろう軽自動車でも、ディーラーへの下取りを選んでしまうと適正な評価をされない場合もあります。査定の際は、中古車販売のノウハウと実績を持った優良買取店を選びましょう。

 

<RC-00040>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)