2017.05.22買取査定

車を買い替えたい!ローンが残ってる車を売る方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンが残っている車を売る注意点

 

「欲しい車が見つかった」と思っても、今持っている車のローンが終わってなかったら、買い替えていいものか迷う方が多いでしょう。しかし、ローンが残っていても、車を売ることはできますし、買い替えも可能です。ポイントさえ押さえておけば、査定額に影響することもありません。

そこで今回は、ローンが残っている車を売る方法と注意点をご紹介します。

 

 

まずは所有者名義の確認を

車の売却前に確認しておきたいことが、所有者は誰なのか?です。ローンを支払っているのが自分でも、実際の所有者はローンを組んだ金融機関、もしくは購入先のディーラーである可能性があります。所有者名義が自分以外で、ローンが残っている場合は車の売却に以下の要件を満たす必要があります。

 

・ローンを完済する

・所有権解除手続きで名義を変更する

 

「何だ、結局ローンを払い終わらなければ売却できないのか」と思われるかもしれませんが、心配無用です。車の買取店に所有権の解除手続きを代行してもらえば、先に査定を行って売却額を決定し、買取店がローンの完済を立て替えることで、所有権の移転も可能となるわけです。

 

そのため、ローンの支払いが終わっておらず、所有者が自分名義ではなくても、車の売却や買い換えに差し支えはありません。

 

ローンが残っている車の査定額は?

査定額は?車の売却や買い替えは可能でも、ローンの支払いが残っている事実に変わりはありません。基本的に、車の売却額で残債を支払うことになりますが、査定額次第でローンをどう終わらせるかの対応方法が異なる点にも注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

査定額がローン残債を上回る

「ローン残債が80万円で、売りたい車の査定額が100万円」の場合は、そのまま売却額をローンの支払いに充当できます。また、車を買い替える際は、差額の20万円を購入額の頭金支払いなどに充てることも可能です。

 

査定額がローン残債を下回る

査定額がローン残債を上回る場合は何も問題ないのですが、仮に査定額がローンの残債に届かなかった場合、ローンの組み直しや不足分を現金で用意するなどの対応が必要です。スムーズに売却手続きを進めるためには、より高い査定額を出してもらってローンの支払いを終わらせるに越したことはありません。高い値段で買い取ってくれる業者探しも大切なポイントでしょう。

 

高く売るためのコツは?

高く売るためのコツどうしても売り手側の心理として、「あまり高く売れないのでは?」と思ってしまいがちです。

しかし、決してそんなことはなく、車を高く売るための心構えさえしっかり持てば、ローンの有無に関係なく、高値での取引に期待が持てるでしょう。

 

 

 

 

 

車をキレイに保管

車のグレードや走行距離なども査定のポイントですが、車内環境や外装の状態も重視されます。よく手入れが行き届いたキレイな車は、高い査定額が見込めるため、車の清掃やメンテナンスには日ごろから十分気を配りましょう。

サービスとノウハウの充実した業者を選ぶ

車の売却は、ディーラーへの下取りより、高値で取引してくれる買取店に頼むことがおすすめです。その中でも、中古車の買取実績が豊富で、なおかつ販売ノウハウやデータも充実している買取店がおすすめです。

中古車市場は変動相場のため、日々値動きしている状況です。確かな市場データがあるのとないのとでは、買取価格に大きな差が生じます。そういう意味でも、データを持っている買取店の選定が重要です。

 

おわりに

多くの方が、ローンの完済が終わってからでないと車は売れない、と思っているかもしれません。しかし、支払い途中でも、大きなデメリットもなく売却や買い替えが可能です。

売却の際に高い査定額を引き出せるよう、愛車の定期的な清掃やメンテナンスを忘れないようにしましょう。

 

<RC-00032>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)