2017.11.13ドライブ

愛犬を乗せてドライブ!車に積んでおくと便利なおすすめグッズは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬を乗せてドライブ車で出掛けるとき、愛犬も一緒に車に乗せてドライブしたいときがありますよね。しかし、普段と異なる環境ということもあり、愛犬に何かトラブルが起こることもあるかもしれません。車の中で愛犬が快適に過ごせて、飼い主も心配せずに済むためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

そこで今回は、普段から車に積んでおくだけで、愛犬とのドライブが安心して気軽にできるおすすめの犬用ドライブグッズなどについてご紹介します。

 

 

犬用シートベルト

急なブレーキや振動で愛犬が転倒しないように、また、万一の事故に備えて犬用のシートベルトはぜひ用意したいところです。

シートベルトを使用すると、運転中は狭い場所に拘束することになりますが、ホールドされているため揺れが少なく、乗り物酔いが防げるというメリットもあります。

ドライブをするときは、できるだけシートベルトを使用しましょう。

 

中型犬であれば、シートベルトのように使用できるハーネスが市販されています。ハーネスは、肩から前足にかけてのベルト幅が広く、しっかりとホールドできるタイプのものを選びましょう。

 

小型犬の場合は、チャイルドシートのように座席に取り付けられるボックスタイプのシートもあります。

 

トイレ用品

トイレ用品トイレトレーニングや外出前の水分を控えるなど、事前の対処も大切ですが、長時間のドライブであれば犬用のトイレ用品は必携です。遠距離だけでなく、ちょっとそこまでというときでも、慣れない車内で興奮して粗相をしてしまう場合もあります。そのため、犬を車に乗せる場合は、車に犬用のトイレ用品を常備したほうが良いでしょう。

 

折り畳み式のトイレトレーうんちキャッチャーなどもありますが、普段のトイレ状況によっては、汚れ防止用のシーツトイレシートで十分な場合もあります。また、ゴミ箱に捨てるまでに距離があるドライブのことを考えて、密封できる容器やビニール袋、消臭剤なども準備しましょう。

マーキング防止や、ちょっぴり粗相してしまう犬にはマナーベルトもおすすめです。

 

3ウェイ・4ウェイペットカート

3ウェイ・4ウェイペットカート旅行先で慣れない土地を散歩する際に、犬がおびえてしまって歩いてくれなかったり、舗装されていない道などでケガの恐れがあったりする場合、「ショルダータイプのキャリーとは別に、愛犬を乗せられるカートがあれば…」と思うことはありませんか?

車用のケージにキャリー、カートといくつも犬用グッズを積むとかさばる上、キャンプや海水浴などの際には、できれば荷物は減らしたいものですよね。

 

そのような場合には、3ウェイや4ウェイのペット用カートが便利です。通常のカートとして使用できるほか、ボックス部分の取り外しができます。あるときはキャリー、あるときはセーフティボックスなど、用途に応じて使い分けができるため役に立つでしょう。

 

購入する際は、機能面をしっかりと確認をしてから購入しましょう。

 

その他ドライブ用犬の便利グッズ

リアシートに乗せた愛犬が、急ブレーキで運転席まで飛び出してきたり、運転中に飛びかかって来たりすることを防ぐために、フロント部分とリアの間に貼るバリアネットのようなものも市販されています。

 

その他、トランク部分に余裕のあるバンであれば、クッションガード付きのプレイシートを敷くことで、愛犬も広く快適に過ごせるでしょう。複数の犬を乗せることも可能です。

 

ドライブ用のグッズとは違いますが、愛犬とドライブ旅行に出掛けた先で迷子になってしまったときのために、連絡先や住所などを入れておく迷子カプセルなどを首輪に付けておくこともおすすめです。

 

おわりに

今回は、おすすめの犬用ドライブグッズなどについてご紹介しました。

愛犬と一緒に車で旅した経験は、必ず良い思い出になるはずです。

愛犬の性格や体調とも慎重に相談しつつ、ご紹介した便利アイテムを活用しながら、楽しいドライブ旅行をしてみてはいかがでしょうか。

 

<記事NO.RC‐00105>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)