2017.12.13ドライブ

初心者の失敗しがちなポイントは?ドライブデートの注意点と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライブデートの注意点と対策好きな人や恋人とのドライブデートはドキドキしますよね。運転席と助手席の距離も近い上に、なにより狭い車内で2人きりです。だからこそ、お互いの気遣いや空気感がストレートに伝わりやすいでしょう。

そこで今回は、ドライブデートの初心者が失敗しがちなポイントや注意点をご紹介します。ドライブデートを成功させるためにも、ぜひ参考にしてください。

 

ドライブデート中は軽やかな雰囲気づくりを

軽やかな雰囲気づくりを初デートでドライブを選んだ場合、まだお互いが深く知り合えていない状況で遠出をする、というシチュエーションにもドキドキするでしょう。そこで、お互いの緊張を和らげるためにも、ドライブデート中は軽やかな雰囲気づくりを意識してください。

 

中でも、ドライブコースや目的地の選択は大切なポイントです。静かで暗い雰囲気の場所は避け、できるだけ明るい日中に人気スポットや人が多く集まるところへ出掛けましょう。また、女性からの提案で花火や夜景を見に行く場合も、アップテンポで軽快なBGMを車内で流したり、共通の趣味や好きなドラマ、本などの話をしたりして、和やかな雰囲気をつくります。

 

相手の好みを事前にリサーチしておく

気合いを入れた初デートで、男性が失敗しがちなことの1つに「自分本位で物事を考えてしまう」ことが挙げられます。自分の興味のあるものや楽しさを重視しても良いですが、相手の女性が自分と同じように楽しんでくれるとは限りません。そこで、相手の好みを事前にリサーチし、相手に喜ばれるようなドライブデートを計画しましょう。

 

例えば、アウトドアと街乗りではどちらが好きか、釣りやスポーツ観戦に抵抗はないかなどのメインプランはもちろん、好きな音楽や飲み物といった細かい情報も可能な限りチェックします。また、山へ景色を見に行く場合は、車酔いしやすいかどうかの確認も行いましょう。

 

何気ない日常会話で相手の好みをリサーチし、ドライブデートで実行できれば「今まで会話した内容を覚えてくれていた」と喜んでくれるはずです。サービスエリアでさりげなく相手の好きな飲み物を購入したり、ドライブ中に相手の好きなアーティストの曲を掛けたりなどの行為は、好印象でポイントも高いでしょう。

 

安全で優しい運転を心掛ける

安全で優しい運転を心掛ける車酔いなどを防ぐためにも、優しい運転を心掛けてください。車に乗っていると、ブレーキやカーブで体が左右に揺れ、意外にも重力が掛かります。そのため、車を止めるときはブレーキをゆっくり踏むなど、車の衝撃や揺れをできるだけ抑える運転をしましょう。

 

また、道に迷ったときの対応も大切です。道が分からなくなったら素直に人に聞くか、相手と一緒に地図やカーナビを活用して目的地を探します。自分の力だけで無理に解決しようとすると焦るだけではなく、会話のない時間が続いてしまうかもしれません。このような状況は、楽しいはずのドライブデートも台なしです。人に道を確認することは、決してかっこ悪いことではないと心にとどめておきましょう。

 

車内を清潔に保つ

女性を車に乗せる前の注意点としては、ゴミや食べこぼしが散らかっていないように、しっかりと車内を掃除することです。清潔感のある車内は、快適な空間づくりにつながります。また、クッションやぬいぐるみなどのホコリや、車内のニオイにも気を配りましょう。

 

おわりに

今回は、ドライブデートのポイントや注意点についてご紹介しました。

2人きりの空間で過ごすドライブデートは、お互いのことを話して知り合う良い機会です。だからこそ、車内の清潔感や相手への優しい気遣い、楽しい雰囲気づくりを心掛け、有意義なドライブデートにしましょう。

 

<記事NO.RC‐00101>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)