2017.02.27買取査定

車の買い取り価格はどうやって決まるの?査定で見られるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の買取査定

新車購入の際、下取りや買取専門店に車の査定を出すときは、買取価格が気になるものです。そのため、査定時に車のどのような箇所が見られているかなど、事前に把握しておきたいと考える方は多いでしょう。

そこで今回は、車の買取価格を決める際に、見られているポイントや査定の基準についてご紹介します。納得の査定を引き出すためにも、ぜひ参考にしてください。

 

 

車種はもちろん、グレードやカラーも

車種やグレード・カラー中古車市場で人気がある車種は買取価格が高くなる、と聞いたことのある方は多いと思います。そのため、新車を購入する時点で、将来の売却時にできるだけ価格が下がらないよう、同タイプの車種の中から最も人気の高い車種を選択する方もいるでしょう。

また、車種のみならず、グレードやボディカラーも査定時の買取価格に影響することもあります。

例えば、まったく同じ車種・年式・走行距離の車の場合、上級グレードであれば買取価格が上がる可能性が高いということです。また、ボディカラーで一般的に有利な色といえば白・黒などですが、車種によっては特徴的な色が人気色になっている場合もあります。

 

走行距離が年間10,000km以下である

一般的には、走行距離が少ない車ほど高い買取価格が付く傾向にあります。車の査定では、実際のメーター上の走行距離と年式で年間走行距離を算出します。その上で、普通車の1年間の平均走行距離を10,000kmとし、割り出した年間走行距離が10,000kmより多ければ不利となり、逆に少ない場合は有利になります。

 

 

内装・外装のコンディション

内装・外装の状態外装・内装のコンディションも、査定に大きく影響するポイントです。外装に傷や凹み、塗装の劣化や剥がれがあれば査定にマイナスとなるため、乗っている時点から気を配る必要があります。

また、洗車できれいになるとはいえ、査定時に汚れがひどい状態であれば印象は下がります。査定に出す前には、洗車や掃除を済ませておきましょう。モールやアンテナなどの外装部品が破損・遺失している場合も、査定では不利になります。

 

意外と見逃しがちな内装も、注意深くチェックされるポイントです。破れや傷だけではなく、汚れや匂いにも気を配りましょう。特に、たばこの灰によるシートの穴あきがあったり、ペットを乗せていて動物の匂いが強く残っていたりすれば、査定時に大きく影響します。

また、フロアマットなどはあまり気にしない方もいるかもしれませんが、汚れがひどく交換が必要だと判断されれば、それだけで査定時にマイナスとなる可能性があるでしょう。

 

修復歴の有無

過去に事故や災害が原因で修復歴のある車はマイナス査定になるといわれますが、修理した車がすべて修復歴車なのかといえば違います。ミラーやバンパー、ランプなどの部品を交換した場合や、ドアやボンネットなどの板金修理をしただけであれば、修復歴にはならないためです。

 

中古車査定で「修復歴あり」と判断されるケースは、車のフレームと呼ばれる骨格部分を損傷して、修正や交換を行った場合のみとされています。

 

おわりに

今回は、車を売却する際の査定基準や見られるポイントについてご紹介しました。

車種やボディカラーの価値、走行距離、内装・外装など、車の査定に影響することはたくさんあります。いずれ車を高値で売りたいから、査定を考えて大切に乗っているという方も多いかもしれません。あるいは、査定時のことを気にしていない方でも、大切に乗り続けてきた愛車が高く評価してもらえれば嬉しいものです。

査定時にプラス・マイナスになるポイントをしっかり押さえて、ベストの状態で査定に臨めるよう、事前に準備を整えておきましょう。

 

<RC-00022>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)