2017.09.11中古車購入

ボディカラーに迷ったらチェックしよう!車の色選びについて紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の色選びについて紹介車の購入時に色で迷ってしまった経験はありませんか?

CMや街で見かけて「あの車のボディカラーが良い!」と思っても、実際に乗ってみて飽きないか、無難な色にするといっても黒と白ではどちらが良いのか、買取価格に差がでるのかなども気になるポイントでしょう。

今回は、車のボディカラーに迷ったときにチェックするべきポイントをご紹介します。

 

 

ボディカラーでチェックすべきポイント

その車種の人気色を把握する

ボディカラーでチェックすべきポイント「購入したい車種が決まっているが、色で迷っている」という場合には、その車種の人気色をチェックしてみてください。自分の気に入ったボディカラーがある場合も、人気の色を把握しておくと、将来的にその車を売る際にも納得ができるでしょう。

人気色の特徴としては、限定カラーやCMに使用されている色であることが多く、購入時にも価格に差があることもあります。

 

 

 

 

 

 

高く売れる色を把握しておく

生産台数で比較すると、白や黒、シルバーといったシンプルなカラーが多く販売されています。車を売る場合にも、車の色で査定価格が変わることは珍しくありません。

無難な色以外にも、ポルシェといえば白や黒、フェラーリといえば赤など、車種によっても人気の色や高く売れる色があります。

軽自動車などは特にツートンカラーやオレンジといったデザイン性のあるカラーが好まれますが、セダンや商用バンなどは白やシルバーが人気です。

一定の需要が見込める色であれば、査定に響くことは少ないかもしれません。

 

希少カラーはさらに高く売れる

白や黒の人気は高いですが、その中でも特に「希少カラー」と呼ばれるものは高値で取引されるケースが多いです。希少カラーとは、メタリック塗装やパール加工が施されたものを指します。このような特殊なカラーは若者に需要が高く、中古車であっても買取価格が下がることは少ないかもしれません。

 

手入れが楽なカラーは?

グレーやシルバーは汚れが目立たない

手入れが楽なカラーは?車を購入するときは、通勤や買い物、旅行などで利用するために買う方がほとんどでしょう。頻繁に利用する場合は、細かな傷や汚れが付着することはある程度仕方がありません。できることなら洗車する際に楽な色や、傷が目立たない色を選びたいものです。

 

数ある色の中でも、グレーやシルバーは汚れが見えにくく、少し洗車の期間を空けてもホコリや泥が目立ちません。多少汚れていても平気で、頻繁に洗車をすることは面倒という方は汚れが目立たない色を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

パール加工のものは小さな傷が気にならない

シルバー系の色は汚れが目立たないのに比べ、黒や白は雨の跡や細かな傷が目立ちやすく、まめに洗車をする必要があると言われています。

全体的にマットな色の車は汚れや傷が目立ちやすいですが、パールホワイトのような加工がされている車は、細かな傷であればあまり目立たないでしょう。

 

色による車内温度の差

車の構造上では外装と内装の間に空気の層があるため、実際には黒い車でも表面温度ほど車内の温度に差は出ないようになっています。ただし、白系の車に比べると黒系の車の車内温度は1~5度ほど高くなることはあるようです。

真夏の炎天下に屋外で放置すると、白い車でも車内温度は50度を超えることもあるため、色で温度の差はあまりないといえるでしょう。

 

 

おわりに

今回は、車のボディカラーに迷ったときにチェックするべきポイントをご紹介しました。車種にもよりますが、人気色とそれ以外の色では、査定に10万円以上の差がつくこともあるでしょう。また、限定カラーやCM使用車の色なども人気が高く、査定が動くこともあります。

しかし、大切なのは自分が気に入って、愛着を持てる色であることです。後悔しないために、どんな色があるのかチェックを行い、車の色を選びましょう。

 

<記事NO.RC‐00068>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)