2018.01.15ドライブ

千葉・房総観光をしよう!春を感じる日帰りドライブコース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉・房総観光千葉の房総は、都心より少しだけ早く春が訪れるところです。

中でも南房総は、1月~3月にかけていろいろなお花が見ごろを迎えます。そんな千葉県の房総で、一足早く春を感じられるスポットを観光してみませんか。

今回は、千葉県の房総で春を感じられる「房総フラワーライン」周辺の日帰りドライブコースについてご紹介します。

 

 

鴨川・菜な畑

鴨川・菜な畑房総フラワーラインより少し北に位置している「鴨川・菜な畑ロード」は、その名の通り黄色い菜の花が広がる道です。

車でアクセスするには館山自動車道から君津インターチェンジ、房総スカイライン、鴨川有料道路経由で約1時間かかります。

こちらは期間限定で、1月~3月上旬までしか開催していません。

広大な敷地に植えられた菜の花を眺めたり、摘んだりすることができます。鮮やかな黄色い菜の花に囲まれれば、春を感じられるはずです。

 

黄色い菜の花と青空のコントラスト

晴れていれば、黄色い菜の花と青空の絶景コントラストを楽しめるでしょう。

10本150円で花摘みができ、長靴とハサミを無料で貸し出してくれます。菜な畑ロードの開催期間中は電動自動車のレンタルもできるため、風を感じながら付近を走ってみてもいいかもしれません。レンタル料金は、2時間で500円です。

また、菜な畑ロード開催期間中は、地元農家自慢の農産物や切り花を販売するミニ物産コーナーがあります。ミニSL(有料200円)運行サービスもあり、家族連れも楽しめるでしょう。毎年開催期間は変わるため、事前に確認してください。

 

白間津のお花畑

白間津のお花畑は、太平洋に面している南房総市千倉町の白間津地区に位置しています。

温暖な気候を生かしている南房総市千倉地区にある花畑の中でも、唯一海と花畑を一望できる場所として古くから知られている観光スポットです。

車でアクセスするには、富津館山道路富浦インターチェンジより約40分かかります。

近隣には野島崎灯台・道の駅の潮風王国やその手前には千田の花畑もあり、近くに来たなら観光目的で立ち寄ることをおすすめします。

 

花の香りと潮風に包まれながらお花摘み

白間津のお花畑は、1月から3月にかけてポピー・キンセンカ・ストックといったさまざまなお花が見られるスポットです。

花の香りと潮風に包まれながら花摘みができ、2月~3月までが最盛期です。特に2月は真冬なのに春先取りの絶景が楽しめます。

また、こちらでは花売店も立ち並び切り花を買うことも可能です。

開花最盛期の休日はとても混雑するため、ドライブで寄る場合は早い時間をおすすめします。

 

ポピーの里 館山ファミリーパーク

ポピーの里 館山ファミリーパーク「ポピーの里 館山ファミリーパーク」は、館山市街から西に向かう房総フラワーライン沿いにあるレジャー施設です。

車でアクセスするには、館山自動車道から富浦インターチェンジを出て国道127号を左折し17km走行します。

施設内は、花・釣り・スポーツなど大人から子供まで満喫できるものばかりで家族連れに最適のレジャー施設といえるでしょう。

 

 

 

彩り豊かなポピー

館山ファミリーパークは、南房総の温暖な気候を生かし1年を通して花とハーブを楽しめる観光スポットです。

施設内にはポピーの花摘み広場があり、7,500平方メートルの広大な敷地面積で約10万株100万本のポピーが咲き誇ります。

こちらでは12月~5月上旬に、ポピーフェスティバルを開催。

園内ハウス・露地ではスターチス・金魚草・トルコキキョウなどが摘むことができます。

まだ寒い青空の下、オレンジ・黄色・白といった色とりどりのポピーで一足早い春を感じられるでしょう。

また、園内には飲食店やお土産ショップもあり、体験工房ではハーブや花を使った手作り体験も可能です。

 

おわりに

今回は、千葉県の房総で春を感じられる日帰りドライブコースをご紹介しました。

房総には、さまざまなお花が楽しめる観光スポットがたくさんあります。

すてきな絶景が眺められる場所をドライブすれば、一足早く春を満喫できるはずです。

もし、機会があればぜひドライブで訪問してください。

 

<記事NO.RC‐00135>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)