2018.05.03買取査定

車を高価買取査定してもらうために!コツや押さえるべきポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を高価買取査定してもらうためのコツ車を売却する際、誰もが望むことは少しでも高額で売却することではないでしょうか。しかし、「車を高く売るにはどうすればいいのか?」と疑問に感じている方もいるはず。車の高価買取は、ちょっとしたポイントを押さえれば実現可能です。

そこで今回は、車の買取査定額を上げるコツやポイントをご紹介します。

 

 

車の内装・外装をきれいにしよう

車の内装・外装をきれいにしよう洗車で落ちる程度の汚れは、直接に査定額に響くわけではありません。しかし、査定前に車の内装と外装をきれいにしておけば、「車を大切に乗っている」というアピールになり、好印象を与えるでしょう。

買取店は、「乱暴に扱われている車」より「大事に使われている車」を買い取りたいと思うものです。きれいな状態にしておくことで、年式が古かったり走行距離が長かったりしても、大事に扱われている車と判断できるため、プラス査定につながります。

 

その他にも、車をきれいにしておくことで買取店が清掃を行う手間をなくせる、ありがたい点です。一方、きれいにしてない車は、再び中古車として販売できる状態にするのに掃除と洗車を行う必要があります。そのため、業者側の負担が増えてしまうことになるのです。

また、車内にタバコやペットの臭いが残っていると、査定がマイナスになる可能性が高くなります。消臭グッズで、査定前に3~4回消臭しておくと安心です。

 

買取前の掃除や洗車は査定士に好印象を与えると同時に、整備費用のコストカットにもつながるため、交渉次第で査定額をアップさせてくれるかもしれません。以上のことを考えて、車を売る前にはしっかりと掃除や洗車を行うようにしましょう。

 

車の傷やへこみは修理すると逆に損?

車体の傷やへこみは修理すると査定額は上がりますが、損をしている可能性も考えられます。それは、修理してアップした査定額よりも修理費の方が高い場合があるためです。もちろん傷やへこみの規模や数によって、修理費用の値段は異なります。多少の傷やへこみなら修理費を安く抑えることもできますが、大きな評価は望めません。

特に規模が大きい傷やへこみを修理する場合、「修理費負担」と「アップした査定金額」との差が大きいため、その分損をしてしまいます。大きな傷やへこみは修理しないでそのまま査定に出すことがおすすめです。

純正品パーツ・付属品も持っていこう

純正品パーツ・付属品も持っていこう車好きの中には自分の愛車を純正品のパーツではなく、社外品パーツに付け替えているという方もいるのではないでしょうか。社外品パーツは査定対象外ではありませんが、プラス査定にもマイナス査定にもなる可能性があります。

社外品パーツをつけている方は、まずそのままの状態で査定を行ってもらいましょう。その際、純正品パーツも持参しておき、純正品パーツに戻した場合の査定額も出してもらってください。

 

例えば、「高級メーカーのアルミホイール」「エアロパーツ」などはプラス査定になることが多いパーツです。もし社外品パーツでマイナス査定になる場合、純正品パーツに付け替えればマイナス要因を減らせます。そのため、車の買取査定額アップを狙うのであれば、必ず純正品パーツは忘れずに持っていきましょう。

その他にも、購入時に付属していたスペアキーや取扱説明書、整備手帳などは次の車の所有者に渡されるため、なくさないように保管しておくことも大切です。

 

 

おわりに

今回は、車の買取査定額がアップするポイントやコツについてご紹介しました。

査定の前にいくつかのポイントを押さえておけば、査定額アップの可能性が高くなります。「車をきれいな状態で保管」「大きな傷は無理に修理しない」「純正パーツも査定に出す」この3点を心掛けてください。高評価につなげる査定にするには準備期間も必要なため、それなりの時間確保も忘れないようにしましょう。

 

<記事NO.RC‐00160>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)