2018.03.01豆知識

車のエアコンの調子が悪い?メンテやガスの補充、交換費用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンテやガスの補充、交換費用「車のエアコンの効きが良くない」「エアコンから漂ってくる空気が臭い」などと感じた経験はありませんか?これらは車のエアコンが故障しているサインかもしれません。

車のエアコンの故障と一口にいっても冷房や暖房の効きが悪い、風が吹き出し口から全く出てこないなどが挙げられます。

そこで今回は、故障の原因やメンテナンス、ガスの補充、交換費用などについてご紹介します。

 

 

エアコンの調子が悪い原因は?

車のエアコン故障の場合、ガスが足りないというケースがほとんどのようですが、機械部品の故障もないとはいいきれません。一部の故障でも、全体の機能に影響を及ぼしてしまう可能性があります。また、エアコンの効きが悪いと感じる理由には、エアコンシステムの老朽化による場合も多くあります。

エアコンは、次のようなガス漏れやガス不足に注意を払う必要があるでしょう。

 

エアコンガスの漏れ

エアコンガスの漏れエアコンガスは本来密閉している配管の中で循環しており、簡単に減りません。エアコンガスは◯年経ったら補充する、といった決まりもないため、減っている場合はどこかからガスが漏れている可能性が考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

エアコンガスの不足

エアコンガスとは、外気を冷やすためのガスを指します。エアコンガスが足りていないと、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

ガスの残量は、ボンネットを開け、エアコンのコンプレッサーにあるサイトグラスで確認することができます。コンプレッサーを動かした状態で、液体の流れや気泡が見えるかチェックしましょう。

 

コンプレッサーの故障

コンプレッサーはエアコンの心臓部分で、エンジンに取りつけられており、ファンベルトによって作動します。正常に動いていればカチッと音がしますが、しなければ故障している可能性が高いです。他にもファンの故障やセンサーの不具合なども挙げられます。

 

メンテナンスは自分で行わない

メンテナンスは自分で行わないエアコンのメンテナンスを自身で行うことは大変です。例えば、エアコンガスが足りないからといって、エアコンガスの補充を誰もが簡単にできるものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケガをする危険性がある

実際にはエアコンガスの調整は真空引きといって、それほど高度な知識が必要とはいわないまでも、素人が行うとケガをする危険性があるため専門家に任せたほうが無難です。また、車のエアコンガス補充は高圧ガスを取り扱うため、専門知識がない人が作業をすると低温やけどや失明といった、大事故が発生してしまうかもしれません。

ガスを補充したからといって抜けないとも限りませんし、ガスは多すぎても少なくてもうまく機能しません。高い技能や適切な設備がないのなら、専門業者に任せることをおすすめします。

 

 

エアコン修理にかかる費用

車のエアコンにかかる費用相場は以下の通りです。

 

・ガス漏れ            …20,000~30,000円

・ガス補充            …3,000~5,000円

・コンプレッサーの修理…40,000~50,000円

 

エアコンガスの補充はそれほど費用がかかりませんが、ガス漏れやコンプレッサーの修理費用は上記のような金額になることも珍しくありません。

また、ガスが漏れている理由にはどこかに故障があることも考えられ、その場合は部品の交換が必要になります。

 

原因不特定で費用が割高になるリスクも

車のエアコンの修理は、想定したよりも修理費用が高くなるケースがあります。理由としては、工賃を考慮していなかったり、壊れてもいない箇所を必要以上に修理したりするからです。

また、老朽化や自然劣化は原因が特定しづらく、そこを見落として部品を換えられるケースもあります。

 

おわりに

今回は、車のエアコンの故障原因、メンテナンスやガスの補充、交換費用がいくらかかるかなどについてご紹介しました。

エアコンの調子が悪いのはエアコンガスの漏れや不足、コンプレッサーの故障が主な原因です。初心者の方が車のエアコンのメンテナンスをすると、ケガなどのリスクがあるでしょう。エアコンのメンテナンスはなるべくセルフ修理は避けて、専門業者に相談してみても良いかもしれません。

 

<記事NO.RC‐00113>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)